読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

バンビーズ 新雪の比良へ

2月17日 滋賀県コヤマノ岳
関西には1000m級でありながら、雪を楽しめる山域が数多くあります。僕のホーム 鈴鹿を初め、大峰・台高、そして比良山系。今日はその比良の主峰 武奈ヶ岳へ、大山口~金糞峠~山頂~北比良峠の周回ルートでお邪魔しました。
琵琶湖の西に連なる比良山系。その西側は遠く日本海へと続き、関西有数の雪質。また、東側は一気に琵琶湖へと下ります。その影響で稜線の天候は下界とは異なり、冬の晴天は難しく、まさしく今回も当てはまりました。
出発の時は青空が広がり、朝陽に湖面が煌めく琵琶湖を望めましたが、やがて太陽は雲に覆われ、ちらほらと白いものが…。この後、山を降りて下界に戻るまで状況は変わりませんでした(笑)
稜線は風もあり、武奈ヶ岳手前の下山分岐点まで来て、青空の見込みもなかったので登頂を断念し、八雲ヶ原へと向かいました。このルートはあまり利用されておらず、途中トレースもなくなり、GPSで確認しながら慎重に降りました。時折、腰まで埋もれながらもモフモフ、フカフカの新雪は思ってもみなかった山からの贈り物(^^) 登頂だけが山行ではない。その典型でしょうね。
下山後は、冷えた身体をホッコリさせるいつもの…(笑)
f:id:Regulus0821:20160218072126j:plain
f:id:Regulus0821:20160218072158j:plain
f:id:Regulus0821:20160218072236j:plain
f:id:Regulus0821:20160218072314j:plain
標高約900mを流れるせせらぎは、比良山系の西側を大きく迂回して琵琶湖へ…。
f:id:Regulus0821:20160218072913j:plain
この標識に従い、中峠ではなく、尾根道へ
f:id:Regulus0821:20160218073206j:plain
f:id:Regulus0821:20160218073234j:plain
青空だと見事な景色でしょうね
f:id:Regulus0821:20160218073503j:plain
f:id:Regulus0821:20160218073548j:plain
新雪は軽い軽いと、駆け出しましたが…
f:id:Regulus0821:20160218073610j:plain
小川にはまりました(^^;
f:id:Regulus0821:20160218073728j:plain
ゲレンデ跡を直滑降?
f:id:Regulus0821:20160218073806j:plain
スキー場跡の八雲ヶ原。テントが一張りありました
f:id:Regulus0821:20160218073954j:plain
自然の曲線美は美しすぎます
f:id:Regulus0821:20160218074007j:plain
見た目ほど寒くはありません…(笑)
f:id:Regulus0821:20160218074109j:plain