読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

6年振りに Γお帰りなさい」

35年前、初めて僕が買ったのがザンバラン製のフジヤマ。当時、軽登山靴の代名詞だったようにも思えます。それからブランクも含め30年余り愛用してましたが、流石に傷みは激しく、テント山行を始めた期に処分しました。あれから6年。買い換えた靴はソールを張り替えて使ってきたものの縫製部分が怪しくなり、夏の山行を前に新調。ソールやゴアテックス採用など随分と改良され、名前もフジヤマ GTX NW と長くなりましたが、殆ど、初代と同じスタイル。
早速、手入れを行い、明後日の試し履きが今から待ち遠しい…。

f:id:Regulus0821:20160612112718j:plain
この靴を見ていると 懐かしい時代が甦ります
f:id:Regulus0821:20160612195435j:plain
左がスカルパ トリオレ。右がザンバラン フジヤマ。(山侍さん用w)
f:id:Regulus0821:20160612114651j:plain
山に登らずとも 〆はやはり いつもの…(笑)