読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

極上のパウダースノーハイキング

1月16日 長野県八子ヶ峰
今シーズン最強の寒波が襲った日本列島の週末は、女神湖畔のホテルで過ごしていましたが、2日目はスノーシューで新雪を楽しめるかなと準備はしていました。そして偶然、この日が山行予定だった群馬の山友夫妻をお誘いし、すずらん峠園地駐車場で待ち合わせをして、初めてのパーティとなりました。
朝、青空が見えた空はいつの間にかどんよりとし、ホテルを出発する頃には激しい雪.‥(^-^; しかし、回復傾向の予報通り、駐車場でスノーシューなどの準備をしている内に小降りとなってきました。冬の蓼科山登山口として有名なこの駐車場、八子ヶ峰へは道路を挟んだ反対側の森へ進路をとります。しばらくは雪を纏った八ヶ岳の森歩き。さほど急な登りでないモフモフ、フカフカの新雪の上を、スノーシュー独特の浮遊感を楽しみながら半時間ほど登ると稜線に建つ「ヒュッテ・アルビレオ」に到着です。ここからは多少のアップダウンはあるものの、スノーシューのための稜線歩きになります。
八子ヶ峰は東峰と西峰があり、今日は風も穏やかなので、スキー場のゲレンデトップ西峰を目指します。まずは、東峰へ雪原の一本道。お喋りに撮影大会にと如何にも楽しいスノーシューハイク。やがて薄日が射し始め、墨絵から白銀の世界へとグラーデション。テンションも上がります(^^)/
東峰と西峰の中間地点で先行者の方に追いつき、お礼を述べた後、しばし談笑。ここで先頭を代わり、時折、蓼科山の頂が顔を覗かせる中、蓼科別荘地から入笠山方面、車山から昨夜泊まったホテルへと続く雪景色を眺めながら、雪原にトレースを引いていきます。西峰に近付くにつれ雪は深さを増し、直下は腰ラッセル。しかし、極上のパウダースノーは泳ぐように前へ前へと進むことが出来ました。
ゲレンデに思い思いのシュプールを引くスキーヤーを少し羨ましく思いながらも、西峰1,833mに到着。起点となったヒュッテから弧を描くような稜線がこの小さなピークで終わりを告げており、我々が残したトレースをはっきりと確認することが出来ました。
5時間余りのスノーシューハイク。山は時間と空間を超える場所となり、3月の再会を約束して、それぞれの帰途につきました。
下山後は、真っ白な蓼科山を思い出しながら、いつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20170117205343j:plain
週末寒波で一気に冬山モード
f:id:Regulus0821:20170117205403j:plain
トレースに導かれて 稜線を目指します
f:id:Regulus0821:20170117205422j:plain
森が開けると 明るい兆しが…
f:id:Regulus0821:20170117205445j:plain
スノーツリーが並んでお出迎え
f:id:Regulus0821:20170117205507j:plain
冬の静けさを感じるのは 曇り空
f:id:Regulus0821:20170117205530j:plain
パウダースノーをお伝えしました(笑)
f:id:Regulus0821:20170117205551j:plain
視界が悪いと歩けませんね
f:id:Regulus0821:20170117205620j:plain
雪の結晶が判りますか?
f:id:Regulus0821:20170117205652j:plain
蓼科山へ続く 北八の森
f:id:Regulus0821:20170117205716j:plain
西峰へ続く スノーハイクのための稜線
f:id:Regulus0821:20170117205743j:plain
稜線の向こうには ゲレンデトップ
f:id:Regulus0821:20170117205803j:plain
時折 吹く風が 木々の雪を払います
f:id:Regulus0821:20170117205822j:plain
さぁ トレースを作りますか!
f:id:Regulus0821:20170117205841j:plain
先頭の視界は こんな感じです
f:id:Regulus0821:20170117205900j:plain
案内は消えても 冬にはりっぱな標識なんです
f:id:Regulus0821:20170117205928j:plain
車山高原も 白く染まりました
f:id:Regulus0821:20170117205951j:plain
白樺湖も 白く染まっています
f:id:Regulus0821:20170117210031j:plain
スノーシューならでのポーズです(笑)
f:id:Regulus0821:20170117210052j:plain
さて 帰りますか…
f:id:Regulus0821:20170117210111j:plain
我々の道を 振り返ります
f:id:Regulus0821:20170117210128j:plain
雲が地上に降り立つ 冬の道
f:id:Regulus0821:20170117210203j:plain
北横岳が輝いて見えました
f:id:Regulus0821:20170117210236j:plain
蓼科山も輝いていました
f:id:Regulus0821:20170117210255j:plain
青空と稜線に別れを告げます
f:id:Regulus0821:20170117210315j:plain
シンプル イズ ベスト (^^)