Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

冬の定期便「ルート本谷」…御在所岳

2月17日 三重県御在所岳
ホーム鈴鹿の主峰「御在所岳」。ロープウェイで一気に上がることも出来れば、奇岩の中道、安定の裏道、バリエーションの藤内沢と登山者に応じて楽しめる多くのルートが山頂に続いています。その中で、我が家のお気に入りは、「本谷↗  中道↘」の周回ルート。このブログでも3回ご紹介しています。

本谷はバリエーションルートとしては入門編。しかし、冬ともなればコンディションによって大きく変わります。我々が入るのは初級編程度まで…今年はどんな表情を魅せてくれるのか楽しみにしながら登山口へ。
予報では登山日和とは言えない今日の天気。しかし、登山口から山頂まで谷を歩くこのルートは、展望よりルート上の変化を楽しむため、あまり気にはなりません。また、風の影響を受けないため、アウターなしで登れます(個人差はあるでしょうが…)。
堰堤広場と呼ぶ開始地点でアイゼンを装着。当然、12本爪。雪の状態によって判断しますが、基本、広場に雪があれば装着することにしています。しばらく大雪が降っていないため、トレースは明確でしたが、今日はいつも通らない右岸ルートを進みます。途中、ガイドツアーで参加した際に確保されて登った岩肌を見つけ、取りつきました。ただトレースを辿るだけでなく、アイゼン歩行の訓練をする。これも、本谷を訪ねる大きな理由です。
ほとばしる水しぶき、アイゼンの爪が奏でる響き、そして、上空を通過するロープウェイの音。
登山口には10数台車が止まっていましたが、このルートは静まり返っています。(結果的に3組でした)
昨年に比べて雪は少ないものの、氷柱など氷の造形が目につきました。時折、陽が射しこむと、ライトを浴びたかのように、谷全体が明るく輝きます。二股を入る度に谷筋は狭くなり、メインストリートが近付いていることを体感できます。大黒滝の上、溝状滑滝を左岸から巻いた谷筋への下降地点には新たにロープが取付られていました。ここは3mほどトラバース道へ下降しなければならず、トレースがないと緊張する場所です。以前は門番ジョーズ岩にもロープ等がなく、ルート取りやバディの確保など苦労と集中をしたものですが、その点では、一般化されたと思います。
降り始めた雪は止む気配がなく、山頂を吹く風も想像できます。展望のないメインストリートでは、恒例となった乗客への手を振ることもありません。氷の作品群を眺めながら、終了点「最初の一滴」が刻一刻と近づいてきます。
霧の「山上公園駅」から「クイーン」と言う機械音が大きくなってくると、メインストリートの先に林が見えます。本谷終了点に到着です。下山時、展望台から振り返る雪のラインのトップに立っているのだと、いつも思う場所です。林の中を稜線まで一気に上がり、一般道と合流。子供達の歓声が聞こえ始めると、着いたも同然。強風にも負けず、楽しげに遊ぶ子供達に感心しながら、「寒っう~」と下山ルートの中道を目指す我々でした(笑) そして、いつも思うのは、決して楽(安全)ではない中道ルート。特に上部は凍結の急坂となるため、情報収集と慎重な行動が必要です。
下山後は、時間があったので、はしごでいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20180218084843j:plain
本谷の入口 ここに立つだけで ワクワクします
f:id:Regulus0821:20180218084902j:plain
序盤は樹林帯を進みます
f:id:Regulus0821:20180218084916j:plain
やがて 谷筋が広がり 本谷ワールドが始まります
f:id:Regulus0821:20180218084933j:plain
今日は 雪とともに氷の芸術に出会えました
f:id:Regulus0821:20180218084949j:plain
凍結トラバースの先には…
f:id:Regulus0821:20180218085004j:plain
本谷を始めるきっかけとなった 「不動滝」
f:id:Regulus0821:20180218085018j:plain
トレースはしっかりとあり ある意味 無雪期より歩きやすい
f:id:Regulus0821:20180218085032j:plain
SNS用のポースです(笑)
f:id:Regulus0821:20180218085046j:plain
つい先日まで 見事な氷瀑だった「大黒滝」
f:id:Regulus0821:20180218085850j:plain
ドレスアップしたような 氷瀑の名残
f:id:Regulus0821:20180218085122j:plain
今年も門番と向き合えました
f:id:Regulus0821:20180218085144j:plain
本日の核心部…頼みはピッケルとアイゼンと自分自身
f:id:Regulus0821:20180218085909j:plain
毎年 コンディションが変わります…今年は薄氷でした
f:id:Regulus0821:20180218085332j:plain
メインストリートは 冬の谷底らしい景色
f:id:Regulus0821:20180218085345j:plain
伊勢湾の展望は次回へ…でも 楽しいメインストリート
f:id:Regulus0821:20180218085401j:plain
今年は秀作揃いの作品群
f:id:Regulus0821:20180218085415j:plain
雪の中 ひときわ青く浮かび上がっていました
f:id:Regulus0821:20180218085432j:plain
我々の姿を見つけるのは…無理か…^^;
f:id:Regulus0821:20180218085444j:plain
我々の頂上は ここです(笑)
f:id:Regulus0821:20180218085502j:plain
アスファルト道…粉雪が我々を追い抜いていきます
f:id:Regulus0821:20180218085521j:plain
この雪で 樹氷も育ってきました
f:id:Regulus0821:20180218085535j:plain
中道ルート上部…油断できない下山路です
f:id:Regulus0821:20180218085549j:plain
メインストリートは望めませんが 今年は今年の「ルート本谷」
f:id:Regulus0821:20180218085602j:plain
和の心で 暖まる いつもの…(^^)
f:id:Regulus0821:20180218085613j:plain
そして 春の鮮やかさを感じる いつもの…(笑)