Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

旅の終わりは アイスショー…雲竜渓谷

1月16日 栃木県雲竜渓谷
川越~宇都宮~日光を巡る旅の最終日は、昨年、ホテル谷川岳の山行でお世話になった高崎の山友と共に、氷瀑で有名な雲竜渓谷を訪ねました。

寒波が緩み始めた3日目の朝。東照宮近くの宿で山友と合流し、登山口へ。心配された車道の凍結は殆どなく、FF冬用タイヤでゲート前駐車地へ入ることが出来ました。ここからルートは二手に分かれますが、崩落や渡渉の続く河原ルートではなく、距離は長くなるものの林道ルートで向かいます。
今日のメンバーは、山友ご夫婦が属する会の方を含め、総勢7名。早いもので、ご夫婦とは3回目の山行(全て冬山www)になります。お昼ご飯は「豚キムチ鍋」を用意していただき、出発前には食材の分配をしてパーティ力を高めます(^^)
5月の残雪期を思わすような陽射しに、早くもアウターは荷物化。汗冷え防止のベースと長袖1枚にも関わらず、途中からは腕まくりをしていました。その陽気に凍結した道路は程良いクッションとなり、小気味よい音を立てます。駐車地の標高は約940m。雲竜渓谷入口まで400mほど標高を上げる林道歩きは2時間30分。
林道から河原へ下る「凍結階段」が最初の難所。特に、最後の10数段は手摺もなく、転べば川ポチャは免れません(^_^;) この凍結階段は「氷の世界」へ進む「試練」かもしれません。幸い全員が無事に河原に下り立ち、ふと前方を見ると、青白く光る氷瀑群。雲竜渓谷への入り口です。
歩き始めて10分程で氷瀑群が現れます。
「どうしてこんなにも立派な氷瀑が出来るのだろう…」
悠久の時を経て鍾乳石や石筍が織り成す鍾乳洞。ここでは、毎年異なった表情で繰り返されます。
渡渉を続け、少し広くなったところでランチタイム。ぐるりを氷瀑に囲まれたこの地は、渓谷と言う幾分閉塞されたことで、より一層「氷の世界」を際立たせています。鍋の用意をしている時、「ゴゥー」と激しい音を立てて、対岸にある10数mの氷柱が崩落しました。例え、ヘルメットを被っていても直撃を受ければ一溜りもありません。この時期、安易に近寄るのは危険ですね。
一息ついた後、バディと2人で雲竜瀑に向かいました。装備はチェーンスパイクにピッケル。ヘルメットは置いていきましたが、落石の危険性もあり、被っていかねばなりませんでした。渡渉をしながら雲竜瀑から渓谷へ流れ落ちる地点へ。そこから巻き道を登ることになります。細いトラバース道をジグザクに登りますが、途中、クラストした箇所があり、10本爪以上のアイゼンがお勧めです。特に、下りはその上を一段下がらなければならず、滑落した際は止まりませんので登る際には慎重な判断と行動が必要です。
さて、登りきって真正面に現れた「雲竜瀑」。丁度、滝の上部に陽が当たり、青味に凄味が加わります。写真でしか見ることがないだろうと思った景色を目の当たりにし、ただ感謝の一言です。本当、山との出逢いは「いつどこでどんなきっかけで起こるものか判りません」が、その時に現場に立てる体調管理を続けたいものです…年々、実感…(笑)
雲竜瀑を初め、まだまだ成長を続ける雲竜渓谷の氷瀑群。しかし、その世界が完成された時、それは「崩壊」の始まり…。昨日、東照宮を訪ねたからか、そんなことが思い浮かびました。そして、今回のきっかけを作ってくれた山友に感謝すると同時に、再会を約束し、「氷の世界」を後にしました。
下山後は、600kmの道のりを帰らねばならず、温泉でタイムアウト。と言うことで、前日のバディだけのいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20180118113725j:plain
氷瀑の前に…日光と言えば「華厳の滝
f:id:Regulus0821:20180118113705j:plain
明日の雲竜渓谷に 期待が高まります
f:id:Regulus0821:20180118114054j:plain
総勢7名の山行は 初めてでした
f:id:Regulus0821:20180118114150j:plain
最初の核心部 凍結階段(笑)
f:id:Regulus0821:20180118114228j:plain
雲竜渓谷から 急に開ける河原を進みます
f:id:Regulus0821:20180118114249j:plain
「氷の世界へ ようこそ」
f:id:Regulus0821:20180118114311j:plain
ここは 白糸の滝 なのでしょうか?
f:id:Regulus0821:20180118114330j:plain
ニヤッと笑う 氷の門番に見えます
f:id:Regulus0821:20180118120853j:plain
崩落と凍結の繰り返し…
f:id:Regulus0821:20180118120913j:plain
次はどんな世界が待っているのだろう
f:id:Regulus0821:20180118120937j:plain
振り返って 仰ぎ見る
f:id:Regulus0821:20180118120955j:plain
いつもの冬山とは 一味違う 氷の世界
f:id:Regulus0821:20180118121117j:plain
最盛期には 一面に氷瀑が出来るそうです
f:id:Regulus0821:20180118121139j:plain
水飛沫が止まったようにも見えます
f:id:Regulus0821:20180118121157j:plain
アウトドアな鍾乳石? (笑)
f:id:Regulus0821:20180118121220j:plain
特大鍋で 7人前の料理も一発OK!
f:id:Regulus0821:20180118121338j:plain
雲竜瀑に向かいます...渡渉中のツアー客
f:id:Regulus0821:20180118121545j:plain
「これより 危険ゾーン」…氷の門番が叫んでいるようでした
f:id:Regulus0821:20180118121421j:plain
巻き道の直登…唯一の安心区間
f:id:Regulus0821:20180118121447j:plain
圧倒的な力の造形美…雲竜瀑
f:id:Regulus0821:20180118121506j:plain
「動」が「静」になった場所
f:id:Regulus0821:20180118121524j:plain
パイプオルガンの音色が岩に響いてきそうです
f:id:Regulus0821:20180118121615j:plain
雲竜瀑を 氷の回廊から
f:id:Regulus0821:20180118121633j:plain
決して 真下には 立てません
f:id:Regulus0821:20180118121654j:plain
氷の世界の神殿へ続きそう…
f:id:Regulus0821:20180118121745j:plain
「さよなら 氷の世界」
f:id:Regulus0821:20180118121801j:plain
前日 美味しい料理のあとに いつもの…

2018 初登りはホームから…遠足尾根

1月3日 三重県遠足尾根
冬型気圧配置となった2018年の幕開け。予報の晴れマークに誘われてスノーシュハイクをと、ホーム鈴鹿は竜ヶ岳に続く「遠足尾根」に奈良の娘を誘って入りました。

前日、三重県北部は朝方まで雪予報と知り、新雪モフモフを確信。しかし、稜線予報は風が強く、「山頂まで辿り着けるかなぁ」と思っていました。朝、雲は切れ間なく低く垂れこめ、朝陽を受けることなく車を走らせます。車窓から稜線は全く見えず、登山口に近付くにつれ、雪が激しくなる始末…^^;
「午後には回復するだろう」と淡い期待を胸に、年末に買ったばかりのアウターを早速試すことが出来ました。
林道から登山道へ。すでに道は真っ白。踏み跡はなく、本日の一番乗り。このルートは稜線まで続く急登が特徴。そこに描くトレースは、後に続く人達の道しるべとなり、責任は重大となります。次第に一歩一歩が深くなってきました。最初は夏道を辿ってジグザグに登りますが、時折、ショートカットで一直線。途中、稜線を眺められる場所がありますが、濃い雲に覆われたままです。先頭を交代しながら稜線まで登り、ここでスノーシューを装着。支度をしていると後続の方が来られ、トレースのお礼を述べられました。
ここから遠足尾根の始まり。最初は落葉樹の中を歩き始めます。樹林帯では薄日が射すこともありましたが、今やその気配は全くありません(笑) スノーシューの浮遊感を楽しみながら前進。くるぶしからふくらはぎ、深いところでは膝下まで沈みます。
降り続ける雪に、今いる場所が1000m以下であることを忘れます。ホーム鈴鹿の冬は、八ヶ岳の一般ルートより手強い時もあります。
750m付近では吹き溜まりの直登となり、股下まで埋もれます。膝で雪を押さえ、スノーシューを蹴り上げる。ここまで雪が深いとワカンの方が楽だと思います。予想外の展開に嬉しいやら、苦しいやら…(笑) 途中から後続の方と一緒になって先頭を代わり、晴れていれば、山頂が見渡せる場所まで到着。
「ここからは100歩ルールでいきましょう」と提案し、雪に加えて、風が舞う山稜を進みます。しかし、ここまで通常の1.5倍の時間を要し、また、天候の回復も見込めず、増々風が強くなる稜線を思えば、登頂が無理なことは明確です。あとは、「どこで誰が言うのか」だけ。
谷を上ってくる風が新雪を巻き上げ、視界を遮り始めました。この辺りはシロヤシオなどの木々が防風林の如く、北西風から我々を守ってくれます。この風を直接受けながら登る遠足尾根後半を思うと、そろそろ潮時の雰囲気。登頂は青空の下、真っ白な山頂を眺めながらの山行に託し、金山尾根分岐手前を我々のピークとしました。
帰り道、一瞬の陽射しに声を上げ、我々が引いたトレースを振り返ります。山頂は姿を現しませんが、1年前の記憶がオーバーラップします。昨年と同様、登頂に至らなかった初登りですが、「今年も関西の山は雪を楽しめそうだ」と実感した山行でした。
下山後は、引き返す大きな理由となったいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20180104210730j:plain
踏み跡は 消えたのか 無かったのか…
f:id:Regulus0821:20180104210749j:plain
いつも思う 墨絵の美しさ
f:id:Regulus0821:20180104210803j:plain
ハイタカの雌…このあと救出作戦に成功しました
f:id:Regulus0821:20180104210821j:plain
思わぬ雪景色に 今は素直に嬉しい
f:id:Regulus0821:20180104210836j:plain
登山道までは しばらく林道を歩きます
f:id:Regulus0821:20180104210849j:plain
冬の杉林 ここにも日本画の世界観
f:id:Regulus0821:20180104210911j:plain
新雪は軽く ガンガン登れます
f:id:Regulus0821:20180104210928j:plain
稜線直下 雪は飛ばされています
f:id:Regulus0821:20180104210943j:plain
冬の遠足尾根…出発!!
f:id:Regulus0821:20180104211008j:plain
陽が射せば 見事な雪景色になるんですが…
f:id:Regulus0821:20180104211035j:plain
この日 一番の積雪量 太ももまで埋もれました
f:id:Regulus0821:20180104211050j:plain
この先には 鈴鹿の女王が見えるはずなんです
f:id:Regulus0821:20180104211108j:plain
今日は 時折 先行者の影さえ 見えなくなります
f:id:Regulus0821:20180104211123j:plain
冬の太陽は 朧月のよう…ちなみに この木は僕の赤旗です
f:id:Regulus0821:20180104211137j:plain
「今日は この辺にしといたろ…(笑)」
f:id:Regulus0821:20180104211151j:plain
レンズの水滴が 拭えません
f:id:Regulus0821:20180104211206j:plain
青空が出ると 雪の色が変わります
f:id:Regulus0821:20180104211222j:plain
このトレースが 薄くなるまで そう時間はかかりません
f:id:Regulus0821:20180104211237j:plain
「また 来るねぇ~」…左のトレースは 先ほど7人が付けたものです
f:id:Regulus0821:20180104211322j:plain
陽が射せば 時間を忘れさせる 世界があります
f:id:Regulus0821:20180104211335j:plain
これから 明暗の世界が 楽しくなります
f:id:Regulus0821:20180104211350j:plain
まだまだ厳しい 冬山の帰り道…
f:id:Regulus0821:20180104211405j:plain
至るところに 墨絵の世界
f:id:Regulus0821:20180104211424j:plain
気持ちは 早くも いつものへ…(笑)
f:id:Regulus0821:20180104211443j:plain
久しぶりに 四日市の名店で いつもの…

登り納めは おらが山…尼ヶ岳

12月30日 三重県尼ヶ岳
2017年も残すところ、あと2日。年間目標36回を達するべく、今年はおらが山で登り納め。

別名「伊賀富士」の尼ヶ岳。生活圏から眺めるこの山は、登山口へのアクセスや山頂まで1時間程度で登れること、そして、「天まで続く階段」がトレーニングに適していることなどから、僕にとっては大切な「おらが山」。
いつもはトレーニング山行が多いため、カメラはミラーレスを持っていきますが、今日は時間があるので、一眼レフでおらが山と向きあいたいと思います。
自宅から登山口までは30分。今日も駐車場に車は停まっていません。林道をしばらく歩くと分岐点となり、天までルート(笑)へと橋を渡ります。植林帯の緩い登りが準備運動。冷えた身体を適度に暖めるとともに、心肺機能も高めます。5ブロックに分かれた階段を息をあげず、また、途中休憩なしで登るのがベスト歩行。今日は写真を撮りながら、余裕の山行です。
やがて、落葉樹が左側に広がってくると、第4ブロック。このルートの核心部と言えるでしょう。アルプスのような雄大な景色や雪山のような厳しい自然との対峙はなくとも、通い慣れた道を歩くだけで心と身体が落ち着く、それが「おらが山」。
落葉樹となり、冬枯れ道の第5ブロック。このルートで最も僕が好きな場所。足下に広がる秋の名残と見渡す限りの寒々しい木々。冷たい風が頬を打ち始め、空には師走に相応しい忙しない雲。
「本当、山って良いなぁ…。」
山頂のベンチに座ると真正面に見えるのは自分の住んでいる町。ここが2番目に好きな場所。今日は霞みながらも伊勢湾の海岸線やなだらかな頂上台地が続く青山高原。また、稜線が特徴的な室生火山群の峰々に伊賀の双耳峰「大洞山」、そして霧氷の「三峰山」と「高見山」。三重・奈良両県の名峰が肩を並べる様子を楽しめるのもこの山の良さでしょう。
撤退から始まった2017年。「春夏秋冬 山と一期一会」の言葉どおり、同じ山を登っても同じ出会いはありません。今年は初めて登った「谷川岳」に「立山」、記念日登頂した「針ノ木岳」、紅葉が素晴らしかった「屏風ノ耳」。また、例年より多い積雪でホーム鈴鹿を初め、関西だけでも十分に雪山を楽しめた、そんな1年でした。
来年はどんな「一期一会」があるのか今から楽しみですが、まずは1年を通して歩けるよう精進したいと思います。
下山後は、バディとともに自宅でいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171230154129j:plain
この橋を何度 渡ったことでしょう
f:id:Regulus0821:20171230155153j:plain
何気ない道が 「おらが山」へ続く道
f:id:Regulus0821:20171230155217j:plain
陽が射せば 誰もが「主人公」
f:id:Regulus0821:20171230155402j:plain
第1ブロック…序章と言う言葉がピッタリ
f:id:Regulus0821:20171230155416j:plain
第2ブロック…支尾根に向かう道
f:id:Regulus0821:20171230155431j:plain
第3ブロック…植林地の中を進む
f:id:Regulus0821:20171230155448j:plain
第4ブロック…終着点は落葉樹の林
f:id:Regulus0821:20171230155505j:plain
第5ブロック…「階段は続くよ 天までも…」
f:id:Regulus0821:20171230155601j:plain
終盤は 階段ではなく「ハードル トレーニング」
f:id:Regulus0821:20171230155625j:plain
今日も 天使が見えました…(笑)
f:id:Regulus0821:20171230155655j:plain
今年最後の三角点
f:id:Regulus0821:20171230155728j:plain
山頂から眺める我が町…やはり ここは「おらが山」
f:id:Regulus0821:20171230155758j:plain
風車の白い支柱が目印…青山高原
f:id:Regulus0821:20171230155817j:plain
曽爾高原…そして 室生火山群
f:id:Regulus0821:20171230155832j:plain
「来年も頑張るぞぉ~」…(^_^;)
f:id:Regulus0821:20171230155908j:plain
何度訪ねても 飽きないのが「おらが山」
f:id:Regulus0821:20171230155850j:plain
ホッとしてから帰ります…コップはゴアテックス製では ありません(笑)
f:id:Regulus0821:20171230155944j:plain
帰りは「富士見峠」ルート…当然 階段から始まります
f:id:Regulus0821:20171230155958j:plain
冬の紅葉…低山でも 見ることが出来るのですね
f:id:Regulus0821:20171230160013j:plain
薄日が似合う 冬枯れ道
f:id:Regulus0821:20171230160032j:plain
落ち葉の絨毯も 冬の陽射しが 似合います
f:id:Regulus0821:20171230160048j:plain
こうしても見ると 表情が豊かです
f:id:Regulus0821:20171230160107j:plain
帰り道 小さな冬の世界がありました
f:id:Regulus0821:20171230160123j:plain
風景を切り取れば どこでも名所になりますね
f:id:Regulus0821:20171230210400j:plain
最近のマイブーム チョレート系…(笑)

厳冬期東稜へ再び…横岳

12月24日 長野県三叉峰(横岳)
今年の登り初めに途中撤退をした杣添尾根。昨年と同様、「登頂」と言う忘れ物を取りに、今年3度目の登山口に向かいました。

出発前日、安曇野の山友から「ご一緒させて」の連絡があり、いつもより賑やかな山行になりそうです。クリスマス・イブの朝、登山口の路面は「ホワイトクリスマス」。 本格的な登山道までは、別荘地内の凍結したアスファルト路の箇所があり、チェーンスパイクを付けての出発。
凸凹のある登山道は雪のお陰で均され、とても歩きやすくなります。小気味よい雪を踏む音が森に続き、響くは我々の話し声。杣添尾根は急登が続くわけではありませんが、平地も少ない。その為、歩き始めると身体はすぐに暖まり、アウターを脱ぎ、ウールのベースとシャツ1枚。パンツはウールとハードシェルの上下2レイヤーです。
今日(午前)の稜線予報は気温 ‐6℃、風は10m。午後から風は強くなり、天候も下り坂。午前中には折り返すので、時々、晴れ間が覗く、高曇りと言った感じでしょうか。
杣添尾根は8割程度が樹林帯。冬道は樹林帯を抜けるのが夏道より早いですが、東面にあたるため、冬の風を直接受けるのは稜線に立ってからになります。それでも、時折上空を過ぎる風の音に油断は出来ません。
雲海に浮かぶ富士山が樹間に見え始めた頃、バディが不調のため、撤退宣言。2人なら中止にするところですが、登頂組が複数になること、不調は病的なものではなく1人で行動しても経験上危険性は少ないことから別行動としました。しばらくして、2組のパーティとすれ違い、他人を頼っては駄目ですが、正直、少しの安心感…。
冬道を目前にし、アイゼン、アウター、バラクラバ等、登頂に向けての準備を整えます。小高くなった冬道最初のピーク。高曇りの寒々しい空を背に、主峰「赤岳」は静かに出迎えてくれました。夏、ハイマツの緑と赤茶けた山肌が印象的な主峰。雪を纏えば、その白さから岩稜は黒々とした深みを増し、強固な鎧のように見えます。視覚的にこれから向かう三叉峰の方が大きく見えますが、標高を上げるにつれ、赤岳がせり出すように天を貫きます。
1月、撤退した地点を通過。前回は雲に隠れた標識も今日はハッキリと見え、マラソンの折り返しポールのようです。稜線直下は夏道に戻って、ジグザグ登りとなりました。この道が雪に埋もれて直登になると、ここが核心部だなぁと再確認。バディと登る次に繋げます。今季初のアイゼンにいつもより足取りは重く、ようやくと言った感じで稜線に立ち、山友と固い握手を交わします。そして、そこで待ち受けた風は…。時々、10m程度の突風が吹く程度で、冬山としては好条件と言えます。稜線から一段高くなった岩のピーク、そこが三叉峰。そこからは、360度の展望が待っています。丁度、雲間から陽が射し、阿弥陀岳の稜線に印影をつくります。遠くに南から中央、北と屏風のようなアルプスを初め、振り返れば、登ってきた杣添尾根が麓へ一直線に伸びています。視線を上げれば、浅間山に遠くは谷川岳方面が霞んで見えました。
三叉峰から奥ノ院への稜線はバディと登頂した時のために取って置き、1人待つ登山口に向けて、急降下…と言いたいですが、安全登山で下りました。
下山後はロッジのカフェスペースで皆揃っていつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171227124335j:plain
あの稜線に続く杣添尾根に 心が躍ります
f:id:Regulus0821:20171227131437j:plain
静かな森歩きが このルートの良さ
f:id:Regulus0821:20171227131458j:plain
またこの場所に戻れただけで感激です
f:id:Regulus0821:20171227131513j:plain
高曇りの赤岳は 更に神々しい姿に見えます
f:id:Regulus0821:20171227131528j:plain
東稜は富士山とともに登ります
f:id:Regulus0821:20171227131557j:plain
いつかは登ってみたい山…金峰山
f:id:Regulus0821:20171227131920j:plain
やはり富士山は眺める山だ…(笑)
f:id:Regulus0821:20171227201201j:plain
昨年の思い出が甦ります
f:id:Regulus0821:20171227132051j:plain
山の出会いは「一期一会」…今年は今年の赤岳
f:id:Regulus0821:20171227132116j:plain
ここから先は バディの思いと共に登ります
f:id:Regulus0821:20171227132132j:plain
振り返れば 思った以上に長く見える 冬道ルート
f:id:Regulus0821:20171227132150j:plain
山友が説明してくれる 阿弥陀岳バリエーションルート
f:id:Regulus0821:20171227132328j:plain
赤岳のスカイラインは この位置がお気に入り
f:id:Regulus0821:20171227132359j:plain
奥ノ院と頸城山塊…この稜線は次回のお楽しみ
f:id:Regulus0821:20171227132413j:plain
冬の北アルプス 槍穂高連峰蝶ヶ岳から眺めたい
f:id:Regulus0821:20171227132431j:plain
八ヶ岳から眺める中央アルプスって 実は好きなんです
f:id:Regulus0821:20171227132451j:plain
綺麗な曲線美…中岳
f:id:Regulus0821:20171227132510j:plain
10mの風が見えますか?
f:id:Regulus0821:20171227132534j:plain
今日の山行に 感謝を込めて…
f:id:Regulus0821:20171227132549j:plain
来年はどんな山行が待っているのだろう
f:id:Regulus0821:20171227132606j:plain
杣添尾根を下る山友…この後 誰にも会いませんでした
f:id:Regulus0821:20171227132624j:plain
時折 渦を巻いて 雪煙が通り過ぎていきます
f:id:Regulus0821:20171227132641j:plain
この先は 行き止まり…視界が悪い時は注意です
f:id:Regulus0821:20171227132657j:plain
またいつか…三叉峰(左)と奥ノ院(右)
f:id:Regulus0821:20171227201257j:plain
今年も山とともに メリークリスマス!

霧氷の奥駈道で参拝…弥山

12月2日 奈良県弥山
12月に入り、再び、寒波がやってきた関西。雪山を求めて先週に引き続き入山。

弥山の登山口「行者還TN西口」へは国道309号線で向かいますが、冬期は通行止めとなり、今年は12月11日午後3時。その後は、麓の天川河合等から登ることになり、日帰りするには健脚者だけに開かれた山になります。と言うことで、我々が冬の弥山を楽しめるのはワンチャンスあるかないか。その機会が晴天の週末に訪れました。(なお、上北山村から行者還TNへは工事のため、すでに通行止めとなっていました)
登山口に向かう道すがら、白く輝く稜線が見えると、思わず声が上がります。いやがうえにも期待は膨らみますが、焦らないのが冬山ルール…我々は夏山もですが…(^^)
今朝の冷え込みは厳しく、いつもなら脱ぐフリースも着たままで出発。大峯奥駈道の分岐へと続く急登の尾根歩きをいつものペースで登ります。まだ感覚の戻らない冬靴は、木の根や石に躓くことがありました。1時間程で分岐に到着。ここからしばらくは冬枯れの明るい稜線歩きとなり、そして今日は「霧氷祭り」の始まりです。
雲ひとつない青空ですが、稜線を抜ける冷たい風は頬を刺し、暖まった身体をフリースで守ります。この風は次第に収まる予報で、山頂に着く頃には冬の晴れ間を楽しめるはずです。
稜線を境にし、右側(北側)には見事な霧氷が続きますが、左側(南側)には全くありません。当たり前のことながら、自然とは正直だと思います。そんな霧氷祭りを楽しみながら、いつしか次のポイント「理源大師像」がある「聖宝ノ宿跡」に到着。ここから再び登りとなり、風も落ち着き始めたのでフリースを脱ぎました。
春、バイケイソウの新芽が目に優しいこの道も、今は落ち葉に覆われています。先週と違い標高を上げても林床は雪に覆われず、その代わりに、道はアイスバーンとなりました ^^; チェーンスパイクを装着することで安定感はぐっと増し、最後の階段をやり過ごすと、弥山小屋の三角屋根が樹間に見えました。
小屋開け前の4月、テントで一夜を過ごす神々の懐。苔に囲まれたテントサイトはスノーモンスターに成長を続ける木々が出迎えてくれました。(植生保護のため、チェーンスパイクは外します)この素晴らしい光景をどう表現すれば良いのでしょうか。僕には到底無理のようです。先端の国見八方覗に立つと、歩いてきた奥駈道や更に吉野へと続く稜線が望めます。行者還岳、七曜岳、大普賢岳…、いかにも奥駈道らしい山名が続きます。ここから眺める奈良、三重、和歌山の三県に跨がる紀伊半島の峰々は僕の心を無にします。そしていつものように合掌。
期待通りの陽気に包まれる中、昼食とブレイクタイム。ついつい長居をしてしまいました。今日は近畿最高峰「八経ケ岳」へは寄らず、山頂の弥山神社で御礼と安全登山を祈願して下山の途につきました。
下山後のいつものは都合によりお休み…(笑)

f:id:Regulus0821:20171203205944j:plain
予想を遥かに超える稜線の風景
f:id:Regulus0821:20171203210006j:plain
まだ陽が射さない斜面は 凍えそうな空気
f:id:Regulus0821:20171203210026j:plain
柔らかい陽射しが とても良く似合う
f:id:Regulus0821:20171203210128j:plain
霧氷に包まれた 稜線歩き
f:id:Regulus0821:20171203210058j:plain
霧氷の新芽
f:id:Regulus0821:20171203210145j:plain
朝陽に浮かぶ 熊野灘
f:id:Regulus0821:20171203210227j:plain
折り重なる向こうには 冬の青空
f:id:Regulus0821:20171203210309j:plain
霧氷の大通りに着きました(笑)
f:id:Regulus0821:20171203213820j:plain
冬枯れの林が 一段と輝いています
f:id:Regulus0821:20171203210327j:plain
弥山小屋から流れ落ちる 霧氷の滝
f:id:Regulus0821:20171203210343j:plain
関西 冬山のグラデーション
f:id:Regulus0821:20171203210400j:plain
霧氷が舞う 12月の朝
f:id:Regulus0821:20171203210417j:plain
僕は霧氷の広葉樹を「霧桜」と呼びたい
f:id:Regulus0821:20171203210433j:plain
一段と賑やかになった 弥山小屋への登り
f:id:Regulus0821:20171203210448j:plain
根雪と落ちた霧氷が織り成す アイスバーン
f:id:Regulus0821:20171203210506j:plain
歩いてきた 参道を振り返ります
f:id:Regulus0821:20171203210521j:plain
ワンダーランドへの入り口
f:id:Regulus0821:20171203210539j:plain
言葉にならない 苔と霧氷のコラボレーション
f:id:Regulus0821:20171203210558j:plain
木々の向こうに続く峰々が この地の世界観
f:id:Regulus0821:20171203210612j:plain
出来ることなら このまま幕営したい…
f:id:Regulus0821:20171203210631j:plain
秘密の場所から 大普賢岳と遠くに台高山地
f:id:Regulus0821:20171203210649j:plain
稲村ヶ岳と大日岩…再び 秘密の場所から…(笑)
f:id:Regulus0821:20171203210709j:plain
八経ヶ岳の山肌も 見事な霧氷で覆われています
f:id:Regulus0821:20171203210728j:plain
昼過ぎでも 冬の陽射しは 斜光気味
f:id:Regulus0821:20171203210745j:plain
いつもの場所で 奥駈道を望みます

関西雪山≪序章≫…大谷山

11月25日 滋賀県大谷山
先週来の寒波でホーム鈴鹿を初め、関西の稜線には雪景色が見られるようになってきましたので、これは登るしかないでしょう (笑)

六甲全山縦走路、大峯奥駈道、京都一周にダイヤモンドトレイルなど、関西には魅力的なロングコースがあります。今回訪ねた大谷山は途中の「寒風」から山頂まで高島トレイル(全長 80km)を歩きます。滋賀県福井県にまたがるこの稜線、琵琶湖や日本海を望めるほか、太平洋側と日本海側の空模様の違いを確かめることが出来る場所でもあります。
登山口となるのはマキノ高原キャンプ場。人気の赤坂山に向かって数組の登山者を見かけましたが、我々は「大谷山派」。そして、春、花を求めて赤坂山~寒風を周回されますが、我々にとっては関西有数の雪山ルートのひとつです。
登山口とは別世界の稜線歩きを楽しめるのが「関西の冬山」。麓から眺める稜線は今週初めの情報と較べて減っている感は否めません。稜線は800m、季節は11月。根雪になるにはまだ早いのでしょう。
ゲレンデ跡の直登から始まるこのルートは、ゆっくり登り出さないと汗だくになり、注意が必要ですね。やがて道は、まだ秋の装いをみせる広葉樹の森へ続きます。麓の人気スポット「メタセコイア並木」を俯瞰する展望地を過ぎると、いったん植林地へ入ります。再び、広葉樹の林になり、700mを超えたあたりで林床を白く覆い初め、やがて道も雪に閉ざされます。踏み跡のない道は、ザクッ、ザクッと一歩踏み出す度に心地よい音が耳と足に伝わります。
関西とは言え日本海側気候の影響を受ける琵琶湖西岸の山稜。特に、湖北と呼ばれるこの山域の雪は良質です。真っ白なトレースと琵琶湖を望めば寒風。大谷山より40m高い854mです。滋賀県の最高峰「伊吹山」(1377m)は雲に隠されていましたが、ホーム鈴鹿の峰々は陽が当たっているように見え、まるで冬雲の境界線が引かれているような光景です。
ここを直進し右手に向かえば「赤坂山」。1月以降、素晴らしいスノーシューハイクが楽しめるルートです。ここから我々は左に向かいます。あまり紹介したくはない、静かなルート。麓から感じなかった稜線の雪は、すっかり根雪になっているようでした。歩き出してしばらく進むと、一本のトレースが寒風を避け、赤坂山方面へ向かっていました。雪山歩きの醍醐味ですね。
このルートが静かなのは、大谷山へは120mほど下り80mの登り返しがあることでしょうか。今はまだ夏道ルートですが、本格的に雪が積もれば、一面の雪原となり、鞍部に向かって急降下…これが楽しいのです (笑)
鞍部に近付くにつれ、風は強まります。谷に沿って若狭湾から吹き寄せる風は、潮の香りこそしませんが、厳しい冬の日本海を思わせる冷たい風です。
遮るものがない大谷山。比良の主峰「武奈ヶ岳」へ続く稜線が遠くに見えています。反対側に目を向ければ、朝より色濃くした灰色の雲が山稜に近付いていました。琵琶湖も南側はキラキラと湖面が輝き、冬の陽射しを湖面一杯に受けていますが、湖北地域は空の寒さを湖面に映し出していました。
数名の登山者とすれ違うだけの山行。燕岳の時もそうでしたが、「意外とこの時期はいいんじゃないの?」と思いながら、初冬から晩秋へのグラデーションの中、下山しました。
下山後は、暖房で暖まった身体を冷やす いつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171126115736j:plain
帰りには 大渋滞となった「メタセコイア並木」
f:id:Regulus0821:20171126115814j:plain
結構辛い ゲレンデ跡登り
f:id:Regulus0821:20171126120143j:plain
琵琶湖が広がっていく様が楽しい このルート
f:id:Regulus0821:20171126120202j:plain
冬枯れの林は 明るい落ち葉道
f:id:Regulus0821:20171126120224j:plain
冬枯れの林に目を惹く この秋一番の彩り 
f:id:Regulus0821:20171126120242j:plain
静かに鑑賞…メタセコイア並木
f:id:Regulus0821:20171126120303j:plain
朝陽を受けた琵琶湖に浮かぶ「多景島」
f:id:Regulus0821:20171126120322j:plain
美しい冬枯れの林…晩秋編
f:id:Regulus0821:20171126120342j:plain
初冬も美しい 冬枯れの林
f:id:Regulus0821:20171126120400j:plain
白いキャンパスに描く 自分だけのトレース
f:id:Regulus0821:20171126120418j:plain
来年も美しい花を咲かせて…オオイワカガミ
f:id:Regulus0821:20171126120435j:plain
琵琶湖が広がれば 稜線まであと一息
f:id:Regulus0821:20171126120456j:plain
これからは 琵琶湖とともに稜線歩き…
f:id:Regulus0821:20171126120515j:plain
目指す大谷山まで高島トレイルを楽しみます
f:id:Regulus0821:20171126120531j:plain
山頂直下は 自分のトレースで歩きたい
f:id:Regulus0821:20171126120545j:plain
振り返って「寒風」…向こうの空は寒そう
f:id:Regulus0821:20171126120601j:plain
基準点名は「八十千岳」の「大谷山」
f:id:Regulus0821:20171126120626j:plain
次は 一面銀世界の時に訪ねましょう
f:id:Regulus0821:20171126120645j:plain
動物の足跡を楽しめる 雪の山
f:id:Regulus0821:20171126120706j:plain
日本海(左側)へと続く 雲のグラデーション
f:id:Regulus0821:20171126120721j:plain
この雪は やがて「北比良」から「南比良」へ
f:id:Regulus0821:20171126120737j:plain
下山は 冬から秋への逆戻り
f:id:Regulus0821:20171126120750j:plain
里の秋も 残り僅かですね
f:id:Regulus0821:20171126120823j:plain
登山口から大谷山…晩秋から初冬の眺め
f:id:Regulus0821:20171126120853j:plain
まだしばらくは秋を感じたい いつもの…(笑)

ホーム再開!ルートは本谷…御在所岳

11月15日 三重県御在所岳
蛭休みが終わったホーム鈴鹿。丁度、こちらを訪ねていた千葉の山友をお誘いして、お気に入りのルートをご案内しました。

ホームは4月末のイブネ以来7ヶ月振り。ルート本谷は9ヵ月振り。そして、千葉の山友とは大峯山行以来4ヶ月振りの再会です。
今週初め、六甲全縦大会に参加した山友と道中で合流し登山口へ。先月、この地を襲った台風の被害がなければと思いながら、最初のポイント「不動滝」に向かいます。最近は冬に訪れることが多いこのルート。いつもより易しいルーファイとは言え、雨に濡れた岩は油断大敵。一歩一歩を大切に歩きます。
不動明王にような荒々しさは感じない不動滝。「動かざること山の如し」。滝と言う「動」の中に「静」の力が漲ります。
次のポイントは「二股」。不動滝上部から続く巨岩の沢道。このルートで最も美しい区間だと思います。今年2月、デブリのあった二股。ここから次のポイント「大黒滝」までは、確かなルーファイが必要になります。この頃になると真っ赤なロープウェイが樹間を横切り、名残紅葉とともに頭上を飾ります。倒木のため、大黒滝へは近寄れませんでしたが、この他ルート上に被害の痕跡はありませんでした。さて、その大黒滝は今シーズンも見事な氷瀑を魅せてくれるのでしょうか。
ロープの張った急坂を登りきると、メインストリートの門番「ジョーズ岩」と再会。この季節はジョーズ岩の胎内潜りも出来ますが、その選択は訪ねた方にお任せします。
雪山を歩くといつも思うのは「面倒だけど、歩きやすい」。ここから続く本谷メインストリートも、積雪期は終了点まで続く一本道になりますが、今は「岩飛 佐助」で登ります。時々、足と手を止めて振り返ってみれば、麓から見上げた白い鉄塔とともに、玩具のように行き来するロープウェイが見えます。そして両側に迫った岩峰の間から眺める景色は、季節を問わず、本谷ルートの真骨頂でしょう。
恒例のロープウェイの乗客に向かって手を振りながら本谷終了点へ。登山口から始まった谷歩きもここでゴール。ここから最終ポイント「大黒岩」へは、このルート最大斜度を登ります。気持ち的には、ほぼ壁…(笑) ただし、この後に待ち受ける大黒岩からの大展望にその疲れも吹き飛んでしまいます。
山頂部の木々は落葉し、山麓に紅葉が見られます。今日歩いてきた本谷とその向こう霞んで望む伊勢湾岸ライン。まだ登頂してはいないものの、ここは事実上のピークです。
さて、最近我々の折り返し地点は山上レストラン。今回は初めて訪ねる山友のため、一等三角点と本当の山頂(笑)をご案内しました。
下りは展望と奇岩の中道ルート。このルートもご紹介したいポイントは数々ありますが、僕のレポではいつも省略していますね。そして、いつもの場所で本谷メインストリートを振り返り、冬の再訪を約束します。
下山後は、再会を楽しみにしていたいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171116203935j:plain
登山口から見上げる大黒尾根(左)と大黒岩
f:id:Regulus0821:20171116204326j:plain
ホームも秋の終わりを告げています
f:id:Regulus0821:20171116204343j:plain
滑らかな滝が続く 本谷第一幕
f:id:Regulus0821:20171116204358j:plain
秋の流れが 止まっていました
f:id:Regulus0821:20171116204413j:plain
秋を踏みしめながら 本谷を進みますf:id:Regulus0821:20171116204431j:plain
晩秋のグラデーション…水の流れとともに
f:id:Regulus0821:20171116204512j:plain
深い谷に射す陽が 秋を蘇らせます
f:id:Regulus0821:20171116204446j:plain
ミスター本谷…不動滝
f:id:Regulus0821:20171116204536j:plain
意外と秋を楽しめる ルート本谷
f:id:Regulus0821:20171116204552j:plain
後半に向けて 準備運動の岩登り
f:id:Regulus0821:20171116204607j:plain
名残紅葉に陽が射してくれました
f:id:Regulus0821:20171116214113j:plain
雪のない門番を登るのは 久しぶり
f:id:Regulus0821:20171116204642j:plain
鈴鹿デビューの山友…いきなり ルート本谷(笑)
f:id:Regulus0821:20171116204703j:plain
振り返って 日本一の鉄塔と山麓の温泉街
f:id:Regulus0821:20171116204721j:plain
終了点付近から振り返ります
f:id:Regulus0821:20171116204750j:plain
大黒岩からルート本谷を眺めます
f:id:Regulus0821:20171116204835j:plain
今だからこそ 大黒岩の先端へ…
f:id:Regulus0821:20171116204812j:plain
先端からは この展望が楽しめます
f:id:Regulus0821:20171116204857j:plain
一般ルートと合流し ヘルメットはお役御免
f:id:Regulus0821:20171116204915j:plain
御在所岳最高点から 奥座敷「イブネ」と雨乞岳
f:id:Regulus0821:20171116204946j:plain
富士見岩から大黒岩…左端が先ほどの先端
f:id:Regulus0821:20171116205005j:plain
ルート本谷(右)とこれから下るルート中道
f:id:Regulus0821:20171116214314j:plain
中道上部の展望岩…風になれます
f:id:Regulus0821:20171116205020j:plain
雪のないメインストリートは 勇ましい感じがします
f:id:Regulus0821:20171116205036j:plain
身も心も癒してくれる いつもの…(笑)