Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

霧氷の奥駈道で参拝…弥山

12月2日 奈良県弥山
12月に入り、再び、寒波がやってきた関西。雪山を求めて先週に引き続き入山。

弥山の登山口「行者還TN西口」へは国道309号線で向かいますが、冬期は通行止めとなり、今年は12月11日午後3時。その後は、麓の天川河合等から登ることになり、日帰りするには健脚者だけに開かれた山になります。と言うことで、我々が冬の弥山を楽しめるのはワンチャンスあるかないか。その機会が晴天の週末に訪れました。(なお、上北山村から行者還TNへは工事のため、すでに通行止めとなっていました)
登山口に向かう道すがら、白く輝く稜線が見えると、思わず声が上がります。いやがうえにも期待は膨らみますが、焦らないのが冬山ルール…我々は夏山もですが…(^^)
今朝の冷え込みは厳しく、いつもなら脱ぐフリースも着たままで出発。大峯奥駈道の分岐へと続く急登の尾根歩きをいつものペースで登ります。まだ感覚の戻らない冬靴は、木の根や石に躓くことがありました。1時間程で分岐に到着。ここからしばらくは冬枯れの明るい稜線歩きとなり、そして今日は「霧氷祭り」の始まりです。
雲ひとつない青空ですが、稜線を抜ける冷たい風は頬を刺し、暖まった身体をフリースで守ります。この風は次第に収まる予報で、山頂に着く頃には冬の晴れ間を楽しめるはずです。
稜線を境にし、右側(北側)には見事な霧氷が続きますが、左側(南側)には全くありません。当たり前のことながら、自然とは正直だと思います。そんな霧氷祭りを楽しみながら、いつしか次のポイント「理源大師像」がある「聖宝ノ宿跡」に到着。ここから再び登りとなり、風も落ち着き始めたのでフリースを脱ぎました。
春、バイケイソウの新芽が目に優しいこの道も、今は落ち葉に覆われています。先週と違い標高を上げても林床は雪に覆われず、その代わりに、道はアイスバーンとなりました ^^; チェーンスパイクを装着することで安定感はぐっと増し、最後の階段をやり過ごすと、弥山小屋の三角屋根が樹間に見えました。
小屋開け前の4月、テントで一夜を過ごす神々の懐。苔に囲まれたテントサイトはスノーモンスターに成長を続ける木々が出迎えてくれました。(植生保護のため、チェーンスパイクは外します)この素晴らしい光景をどう表現すれば良いのでしょうか。僕には到底無理のようです。先端の国見八方覗に立つと、歩いてきた奥駈道や更に吉野へと続く稜線が望めます。行者還岳、七曜岳、大普賢岳…、いかにも奥駈道らしい山名が続きます。ここから眺める奈良、三重、和歌山の三県に跨がる紀伊半島の峰々は僕の心を無にします。そしていつものように合掌。
期待通りの陽気に包まれる中、昼食とブレイクタイム。ついつい長居をしてしまいました。今日は近畿最高峰「八経ケ岳」へは寄らず、山頂の弥山神社で御礼と安全登山を祈願して下山の途につきました。
下山後のいつものは都合によりお休み…(笑)

f:id:Regulus0821:20171203205944j:plain
予想を遥かに超える稜線の風景
f:id:Regulus0821:20171203210006j:plain
まだ陽が射さない斜面は 凍えそうな空気
f:id:Regulus0821:20171203210026j:plain
柔らかい陽射しが とても良く似合う
f:id:Regulus0821:20171203210128j:plain
霧氷に包まれた 稜線歩き
f:id:Regulus0821:20171203210058j:plain
霧氷の新芽
f:id:Regulus0821:20171203210145j:plain
朝陽に浮かぶ 熊野灘
f:id:Regulus0821:20171203210227j:plain
折り重なる向こうには 冬の青空
f:id:Regulus0821:20171203210309j:plain
霧氷の大通りに着きました(笑)
f:id:Regulus0821:20171203213820j:plain
冬枯れの林が 一段と輝いています
f:id:Regulus0821:20171203210327j:plain
弥山小屋から流れ落ちる 霧氷の滝
f:id:Regulus0821:20171203210343j:plain
関西 冬山のグラデーション
f:id:Regulus0821:20171203210400j:plain
霧氷が舞う 12月の朝
f:id:Regulus0821:20171203210417j:plain
僕は霧氷の広葉樹を「霧桜」と呼びたい
f:id:Regulus0821:20171203210433j:plain
一段と賑やかになった 弥山小屋への登り
f:id:Regulus0821:20171203210448j:plain
根雪と落ちた霧氷が織り成す アイスバーン
f:id:Regulus0821:20171203210506j:plain
歩いてきた 参道を振り返ります
f:id:Regulus0821:20171203210521j:plain
ワンダーランドへの入り口
f:id:Regulus0821:20171203210539j:plain
言葉にならない 苔と霧氷のコラボレーション
f:id:Regulus0821:20171203210558j:plain
木々の向こうに続く峰々が この地の世界観
f:id:Regulus0821:20171203210612j:plain
出来ることなら このまま幕営したい…
f:id:Regulus0821:20171203210631j:plain
秘密の場所から 大普賢岳と遠くに台高山地
f:id:Regulus0821:20171203210649j:plain
稲村ヶ岳と大日岩…再び 秘密の場所から…(笑)
f:id:Regulus0821:20171203210709j:plain
八経ヶ岳の山肌も 見事な霧氷で覆われています
f:id:Regulus0821:20171203210728j:plain
昼過ぎでも 冬の陽射しは 斜光気味
f:id:Regulus0821:20171203210745j:plain
いつもの場所で 奥駈道を望みます

関西雪山≪序章≫…大谷山

11月25日 滋賀県大谷山
先週来の寒波でホーム鈴鹿を初め、関西の稜線には雪景色が見られるようになってきましたので、これは登るしかないでしょう (笑)

六甲全山縦走路、大峯奥駈道、京都一周にダイヤモンドトレイルなど、関西には魅力的なロングコースがあります。今回訪ねた大谷山は途中の「寒風」から山頂まで高島トレイル(全長 80km)を歩きます。滋賀県福井県にまたがるこの稜線、琵琶湖や日本海を望めるほか、太平洋側と日本海側の空模様の違いを確かめることが出来る場所でもあります。
登山口となるのはマキノ高原キャンプ場。人気の赤坂山に向かって数組の登山者を見かけましたが、我々は「大谷山派」。そして、春、花を求めて赤坂山~寒風を周回されますが、我々にとっては関西有数の雪山ルートのひとつです。
登山口とは別世界の稜線歩きを楽しめるのが「関西の冬山」。麓から眺める稜線は今週初めの情報と較べて減っている感は否めません。稜線は800m、季節は11月。根雪になるにはまだ早いのでしょう。
ゲレンデ跡の直登から始まるこのルートは、ゆっくり登り出さないと汗だくになり、注意が必要ですね。やがて道は、まだ秋の装いをみせる広葉樹の森へ続きます。麓の人気スポット「メタセコイア並木」を俯瞰する展望地を過ぎると、いったん植林地へ入ります。再び、広葉樹の林になり、700mを超えたあたりで林床を白く覆い初め、やがて道も雪に閉ざされます。踏み跡のない道は、ザクッ、ザクッと一歩踏み出す度に心地よい音が耳と足に伝わります。
関西とは言え日本海側気候の影響を受ける琵琶湖西岸の山稜。特に、湖北と呼ばれるこの山域の雪は良質です。真っ白なトレースと琵琶湖を望めば寒風。大谷山より40m高い854mです。滋賀県の最高峰「伊吹山」(1377m)は雲に隠されていましたが、ホーム鈴鹿の峰々は陽が当たっているように見え、まるで冬雲の境界線が引かれているような光景です。
ここを直進し右手に向かえば「赤坂山」。1月以降、素晴らしいスノーシューハイクが楽しめるルートです。ここから我々は左に向かいます。あまり紹介したくはない、静かなルート。麓から感じなかった稜線の雪は、すっかり根雪になっているようでした。歩き出してしばらく進むと、一本のトレースが寒風を避け、赤坂山方面へ向かっていました。雪山歩きの醍醐味ですね。
このルートが静かなのは、大谷山へは120mほど下り80mの登り返しがあることでしょうか。今はまだ夏道ルートですが、本格的に雪が積もれば、一面の雪原となり、鞍部に向かって急降下…これが楽しいのです (笑)
鞍部に近付くにつれ、風は強まります。谷に沿って若狭湾から吹き寄せる風は、潮の香りこそしませんが、厳しい冬の日本海を思わせる冷たい風です。
遮るものがない大谷山。比良の主峰「武奈ヶ岳」へ続く稜線が遠くに見えています。反対側に目を向ければ、朝より色濃くした灰色の雲が山稜に近付いていました。琵琶湖も南側はキラキラと湖面が輝き、冬の陽射しを湖面一杯に受けていますが、湖北地域は空の寒さを湖面に映し出していました。
数名の登山者とすれ違うだけの山行。燕岳の時もそうでしたが、「意外とこの時期はいいんじゃないの?」と思いながら、初冬から晩秋へのグラデーションの中、下山しました。
下山後は、暖房で暖まった身体を冷やす いつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171126115736j:plain
帰りには 大渋滞となった「メタセコイア並木」
f:id:Regulus0821:20171126115814j:plain
結構辛い ゲレンデ跡登り
f:id:Regulus0821:20171126120143j:plain
琵琶湖が広がっていく様が楽しい このルート
f:id:Regulus0821:20171126120202j:plain
冬枯れの林は 明るい落ち葉道
f:id:Regulus0821:20171126120224j:plain
冬枯れの林に目を惹く この秋一番の彩り 
f:id:Regulus0821:20171126120242j:plain
静かに鑑賞…メタセコイア並木
f:id:Regulus0821:20171126120303j:plain
朝陽を受けた琵琶湖に浮かぶ「多景島」
f:id:Regulus0821:20171126120322j:plain
美しい冬枯れの林…晩秋編
f:id:Regulus0821:20171126120342j:plain
初冬も美しい 冬枯れの林
f:id:Regulus0821:20171126120400j:plain
白いキャンパスに描く 自分だけのトレース
f:id:Regulus0821:20171126120418j:plain
来年も美しい花を咲かせて…オオイワカガミ
f:id:Regulus0821:20171126120435j:plain
琵琶湖が広がれば 稜線まであと一息
f:id:Regulus0821:20171126120456j:plain
これからは 琵琶湖とともに稜線歩き…
f:id:Regulus0821:20171126120515j:plain
目指す大谷山まで高島トレイルを楽しみます
f:id:Regulus0821:20171126120531j:plain
山頂直下は 自分のトレースで歩きたい
f:id:Regulus0821:20171126120545j:plain
振り返って「寒風」…向こうの空は寒そう
f:id:Regulus0821:20171126120601j:plain
基準点名は「八十千岳」の「大谷山」
f:id:Regulus0821:20171126120626j:plain
次は 一面銀世界の時に訪ねましょう
f:id:Regulus0821:20171126120645j:plain
動物の足跡を楽しめる 雪の山
f:id:Regulus0821:20171126120706j:plain
日本海(左側)へと続く 雲のグラデーション
f:id:Regulus0821:20171126120721j:plain
この雪は やがて「北比良」から「南比良」へ
f:id:Regulus0821:20171126120737j:plain
下山は 冬から秋への逆戻り
f:id:Regulus0821:20171126120750j:plain
里の秋も 残り僅かですね
f:id:Regulus0821:20171126120823j:plain
登山口から大谷山…晩秋から初冬の眺め
f:id:Regulus0821:20171126120853j:plain
まだしばらくは秋を感じたい いつもの…(笑)

ホーム再開!ルートは本谷…御在所岳

11月15日 三重県御在所岳
蛭休みが終わったホーム鈴鹿。丁度、こちらを訪ねていた千葉の山友をお誘いして、お気に入りのルートをご案内しました。

ホームは4月末のイブネ以来7ヶ月振り。ルート本谷は9ヵ月振り。そして、千葉の山友とは大峯山行以来4ヶ月振りの再会です。
今週初め、六甲全縦大会に参加した山友と道中で合流し登山口へ。先月、この地を襲った台風の被害がなければと思いながら、最初のポイント「不動滝」に向かいます。最近は冬に訪れることが多いこのルート。いつもより易しいルーファイとは言え、雨に濡れた岩は油断大敵。一歩一歩を大切に歩きます。
不動明王にような荒々しさは感じない不動滝。「動かざること山の如し」。滝と言う「動」の中に「静」の力が漲ります。
次のポイントは「二股」。不動滝上部から続く巨岩の沢道。このルートで最も美しい区間だと思います。今年2月、デブリのあった二股。ここから次のポイント「大黒滝」までは、確かなルーファイが必要になります。この頃になると真っ赤なロープウェイが樹間を横切り、名残紅葉とともに頭上を飾ります。倒木のため、大黒滝へは近寄れませんでしたが、この他ルート上に被害の痕跡はありませんでした。さて、その大黒滝は今シーズンも見事な氷瀑を魅せてくれるのでしょうか。
ロープの張った急坂を登りきると、メインストリートの門番「ジョーズ岩」と再会。この季節はジョーズ岩の胎内潜りも出来ますが、その選択は訪ねた方にお任せします。
雪山を歩くといつも思うのは「面倒だけど、歩きやすい」。ここから続く本谷メインストリートも、積雪期は終了点まで続く一本道になりますが、今は「岩飛 佐助」で登ります。時々、足と手を止めて振り返ってみれば、麓から見上げた白い鉄塔とともに、玩具のように行き来するロープウェイが見えます。そして両側に迫った岩峰の間から眺める景色は、季節を問わず、本谷ルートの真骨頂でしょう。
恒例のロープウェイの乗客に向かって手を振りながら本谷終了点へ。登山口から始まった谷歩きもここでゴール。ここから最終ポイント「大黒岩」へは、このルート最大斜度を登ります。気持ち的には、ほぼ壁…(笑) ただし、この後に待ち受ける大黒岩からの大展望にその疲れも吹き飛んでしまいます。
山頂部の木々は落葉し、山麓に紅葉が見られます。今日歩いてきた本谷とその向こう霞んで望む伊勢湾岸ライン。まだ登頂してはいないものの、ここは事実上のピークです。
さて、最近我々の折り返し地点は山上レストラン。今回は初めて訪ねる山友のため、一等三角点と本当の山頂(笑)をご案内しました。
下りは展望と奇岩の中道ルート。このルートもご紹介したいポイントは数々ありますが、僕のレポではいつも省略していますね。そして、いつもの場所で本谷メインストリートを振り返り、冬の再訪を約束します。
下山後は、再会を楽しみにしていたいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171116203935j:plain
登山口から見上げる大黒尾根(左)と大黒岩
f:id:Regulus0821:20171116204326j:plain
ホームも秋の終わりを告げています
f:id:Regulus0821:20171116204343j:plain
滑らかな滝が続く 本谷第一幕
f:id:Regulus0821:20171116204358j:plain
秋の流れが 止まっていました
f:id:Regulus0821:20171116204413j:plain
秋を踏みしめながら 本谷を進みますf:id:Regulus0821:20171116204431j:plain
晩秋のグラデーション…水の流れとともに
f:id:Regulus0821:20171116204512j:plain
深い谷に射す陽が 秋を蘇らせます
f:id:Regulus0821:20171116204446j:plain
ミスター本谷…不動滝
f:id:Regulus0821:20171116204536j:plain
意外と秋を楽しめる ルート本谷
f:id:Regulus0821:20171116204552j:plain
後半に向けて 準備運動の岩登り
f:id:Regulus0821:20171116204607j:plain
名残紅葉に陽が射してくれました
f:id:Regulus0821:20171116214113j:plain
雪のない門番を登るのは 久しぶり
f:id:Regulus0821:20171116204642j:plain
鈴鹿デビューの山友…いきなり ルート本谷(笑)
f:id:Regulus0821:20171116204703j:plain
振り返って 日本一の鉄塔と山麓の温泉街
f:id:Regulus0821:20171116204721j:plain
終了点付近から振り返ります
f:id:Regulus0821:20171116204750j:plain
大黒岩からルート本谷を眺めます
f:id:Regulus0821:20171116204835j:plain
今だからこそ 大黒岩の先端へ…
f:id:Regulus0821:20171116204812j:plain
先端からは この展望が楽しめます
f:id:Regulus0821:20171116204857j:plain
一般ルートと合流し ヘルメットはお役御免
f:id:Regulus0821:20171116204915j:plain
御在所岳最高点から 奥座敷「イブネ」と雨乞岳
f:id:Regulus0821:20171116204946j:plain
富士見岩から大黒岩…左端が先ほどの先端
f:id:Regulus0821:20171116205005j:plain
ルート本谷(右)とこれから下るルート中道
f:id:Regulus0821:20171116214314j:plain
中道上部の展望岩…風になれます
f:id:Regulus0821:20171116205020j:plain
雪のないメインストリートは 勇ましい感じがします
f:id:Regulus0821:20171116205036j:plain
身も心も癒してくれる いつもの…(笑)

晩秋から初冬へつづく合戦尾根…燕岳

11月5日 長野県燕岳
今年最後の北アルプステント山行と思っていましたが、4日は風雪を伴う荒れ予報のため、2年振りの女王様との謁見は日帰り山行となりました。

三大急登のひとつとされる合戦尾根。今は整備が行き届き、人気の山小屋と共にアルプス入門ルートとなっています。しかし、登山口から小屋まで続く登りルートは、前半を押さえ気味にするのが楽に登頂できるコツだと思います。
まだ薄暗い登山口の中房温泉。見頃を過ぎて色濃くしたカラマツの葉がぼんやりと浮かびます。沢の音が途切れだすと第一ベンチ。荷揚げ用ロープをくぐると第二ベンチ。雲海の中の第三ベンチ。
昨夜、第一駐車場に着いたのは午後8時頃。まだ空きがあったものの、出発時には満車。その割に登山者は少なく、自分のペースで歩けます。第三ベンチを過ぎたあたりから足下には雪が増え始め、所々、注意が必要です。
雲海を抜けて富士見ベンチ。遠く富士山を眺めながらの小休止は、身体を冷やさないことがポイント。樹間に大天井岳の山稜を望み、白銀の世界に目を楽しませていると合戦小屋に到着。小屋番さんは小屋仕舞いの準備に追われているようでした。
ここで合戦ノ頭に出た時のための身支度を整えます。予報では稜線は15mほどの西北の風が昼頃まで残る見込み。それを予測するように、ここ合戦小屋は富士見ベンチと較べて気温がワンランク下がったことを実感しました。
縦走路越しに槍ヶ岳が顔を覗かせると合戦ノ頭。南部の峰とは比較にならないほど白い鹿島槍が印象的です。時折、葉に積もった雪を巻き上げ頬を打つ風が吹き、いよいよ近付いてきたかと身構えます。燕山荘へ続く道は夏道でしたが、もう土は見えていません。今日、我々が用意したのはチェーンスパイク。ピッケルはなし。全体を通じて十分な装備でしたが、この季節、日々状況は変化しており、直前の情報入手は必須でしょうね。
山荘直下、稜線を吹く風に雪が舞いあがり、渦を巻きながら谷を下っていきます。案の定、烏帽子岳から続く裏銀座の縦走路と槍穂高連峰、そして女王「燕岳」を望む稜線に立つと、冬の冷たい風が出迎えてくれました。カメラを構え、風に向かって立つとあっという間に涙目になります(笑)
体感気温は-10度を下回り、風を避けてチェーンスパイクの装着等、登頂準備を始めます。常時10m前後の風が吹く中、頂を目指しました。すぐそこに見える白き山嶺はもう我々には手の届かない世界であり、あと数週間もすれば、この道も閉ざされたものとなるのでしょう。
今日はいつもの賑わいが嘘のように静かな山行が続きます。貸切の山頂からは今夏登った立山や針ノ木岳、蓮華岳の冬化粧にあらためて見惚れます。バラクラバを通して聞こえてくる雪を踏む音と冬の風。山の匂いも冬山です。
山荘に戻る頃には風も落ち着き、ベンチで昼食をとれるようになりました。不思議なもので、こうして燕岳と対峙していると風に温かみを感じます。
濃いオレンジの山麓から雪の稜線、そして高く澄み切った秋の青空。所謂、三段紅葉。その贅沢で幸せな時間を大切な記憶とし、雲海が取れて見渡せるようになった安曇野に戻るべく、山荘を後にしました。
下山後は、美味しい珈琲と共にいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171106211357j:plain
日本画の世界がありました
f:id:Regulus0821:20171106211505j:plain
期待が膨らむ モルゲンロート
f:id:Regulus0821:20171106211545j:plain
そろそろ雲海を抜けます
f:id:Regulus0821:20171106211606j:plain
合戦尾根に冬の始まりを告げます
f:id:Regulus0821:20171106211641j:plain
ここはもう本格的な冬山です
f:id:Regulus0821:20171106211706j:plain
本格的に冬を迎えると訪ねる 海の彼方の八ヶ岳
f:id:Regulus0821:20171106211730j:plain
眩しい世界が広がるのは雪山
f:id:Regulus0821:20171106211753j:plain
55回目の朝を迎えた稜線も 今は別世界
f:id:Regulus0821:20171106211823j:plain
対照的な稜線が美しいと思います
f:id:Regulus0821:20171106211912j:plain
振り返れば 安曇野の重鎮 有明山が浪間に浮かぶ
f:id:Regulus0821:20171106211943j:plain
冬の穂高…許された者だけの世界
f:id:Regulus0821:20171106212006j:plain
青空に映える 稜線の風…(笑)
f:id:Regulus0821:20171106212035j:plain
まずは目に飛び込んでくるこの景色
f:id:Regulus0821:20171106212059j:plain
続いて目に入るのは 女王「燕岳」
f:id:Regulus0821:20171106212126j:plain
白のグラデーションが 山稜を飾ります
f:id:Regulus0821:20171106212149j:plain
圧倒的な力強さ 冬の槍ヶ岳
f:id:Regulus0821:20171106212211j:plain
北鎌尾根を望める絶好の場所
f:id:Regulus0821:20171106212233j:plain
この雪が根雪になる日も近いことでしょう
f:id:Regulus0821:20171106212300j:plain
いつ訪ねても この道は楽しい
f:id:Regulus0821:20171106212323j:plain
青い山脈が雲海と空を繋ぎます
f:id:Regulus0821:20171106212345j:plain
歩いた稜線は景色が違います…立山
f:id:Regulus0821:20171106212411j:plain
お気に入りの場所で ハイポーズ(^^)
f:id:Regulus0821:20171106212433j:plain
雷鳥さんは 冬羽になったでしょうか
f:id:Regulus0821:20171106212457j:plain
秋の装いも そろそろ終わりを告げます
f:id:Regulus0821:20171106212521j:plain
カラマツが樹間を覆う中房温泉
f:id:Regulus0821:20171106212541j:plain
葡萄もそろそろ終わりです…

〈番外編〉
最近気になる作家さんの山バッチ。丁度、麓のカフェで展示会をしていたので購入。ご本人ともお会いできて益々ファンになりました✨
f:id:Regulus0821:20171107203314j:plain

晩秋のスカイラインが見たくて…小蓮華山

10月8~9日 新潟県小蓮華山
2017紅葉遠征の最後を飾るのは「天国に一番近いテント場」と呼ぶ白馬大池から小蓮華山へ。季節外れの穏やかな山行となりました。

10月8日
ただ今、北ア北部の紅葉前線は1500~1700m。野天風呂で有名な秘湯「蓮華温泉」は丁度見頃を迎えていました。2年前のSW、ここ蓮華温泉白馬大池~朝日小屋と周回して以来の入山。今回は小蓮華山までのゆったり山行。登るにつれ移り行く秋を楽しみながら歩きたいと思います。
昨日までの雨が登山道を濡らし、石や木の根が光沢を帯びています。登り出してすぐ、崩落のためか、ロープの張られた迂回ルートがあり、ここが核心部でしょうか。このルートは栂池ルートと違い、大きな岩を渡り歩くことがないため、テント装備には向いています…あくまでも個人の感想…(笑)
しばらくは紅葉の額縁に雪倉岳から朝日岳を眺め、日本海まで続く栂海新道はその稜線を雲海に沈み込ませていました。やがて視界の広がる「天狗の庭」。カラマツの黄色が印象的です。力強い弧を描く五輪尾根。山裾を飾る艶やかな秋景色。そして、山肌を白い幹が浮かび上がるダケカンバの並木。見飽きることのない景色が続きます。
ハイマツ越しに空が見えると白馬大池。ベンガラ色の小屋前にはテントの紅葉まつりが開催中 (^^)。夏、ハクサンコザクラを初め、色とりどりの高山植物が咲くこの通りは、正しく、天国へのプロムナード…但し、行ったことはありませんが…(笑)
雷鳥坂を登るにつれ、白馬大池の瑠璃色が力を増してきます。視線を動かせば、小蓮華山へと続く雲の上の坂道。そして、雪倉・朝日岳の優しい稜線。更に振り返れば、白波の立つ日本海を連想させる雲海。いつ見ても心が静まる世界観です。
船越ノ頭。荒々しい杓子岳から白馬鑓へと続く山稜を望める最初のピーク。鹿島槍へと続くその稜線は安曇野から打ち寄せる波を受け止めているようでした。また、ジオラマのように遊歩道が続く栂池自然園。大勢の方々が紅葉を満喫されていることでしょう。一旦下った後、山頂が見えそうで見えない登りの始まり。それも白馬岳の姿が現れれば、初夏の陽気を思わせる山行の到着点「小蓮華山」に登頂です。
小蓮華山は独立峰であるかのように、全方位に展望が開けます。その一角、三国境の南北でこれほどまでも山容が異なる自然の不思議さ。そしてそのスカイラインを目に焼き付け、来た道を戻り始めました。

f:id:Regulus0821:20171010215817j:plain
フレームの先には 野天風呂
f:id:Regulus0821:20171010215942j:plain
遠くも 近くも ダケカンバ
f:id:Regulus0821:20171010220527j:plain
秋のグラデーションが続きます
f:id:Regulus0821:20171010220546j:plain
錦秋の滝が 流れ落ちていきます
f:id:Regulus0821:20171010220610j:plain
落葉した木々も 山肌を飾ります
f:id:Regulus0821:20171010220633j:plain
足元にも 秋の装い
f:id:Regulus0821:20171010220656j:plain
秋の深まりを告げる 木々たち
f:id:Regulus0821:20171010220714j:plain
光が溢れる 白馬大池
f:id:Regulus0821:20171010220734j:plain
晩秋漂う 栂海新道
f:id:Regulus0821:20171011203522j:plain
もうひとつの周回ルート…鉱山道
f:id:Regulus0821:20171010220751j:plain
雁股池…栂池自然園にあります
f:id:Regulus0821:20171010220926j:plain
今年は剱岳を良く眺めます
f:id:Regulus0821:20171010220945j:plain
北アルプス北部のイケメン達…
f:id:Regulus0821:20171010221005j:plain
雲の上の坂道
f:id:Regulus0821:20171010221024j:plain
雲の下の町並
f:id:Regulus0821:20171010221041j:plain
雲海の防波堤…白馬三山
f:id:Regulus0821:20171010221105j:plain
このスカイラインの切れ味は最高です
f:id:Regulus0821:20171010221122j:plain
雨飾山の山頂も賑わっていることでしょう
f:id:Regulus0821:20171010221146j:plain
秋の昼下がり
f:id:Regulus0821:20171010221206j:plain
白馬大池は 雲上のオアシス
f:id:Regulus0821:20171010221222j:plain
夕刻 影が斜面を登ります
f:id:Regulus0821:20171010221241j:plain
雪倉岳の夕暮れ
f:id:Regulus0821:20171010221300j:plain
小さな三角屋根…朝日小屋…遠い道程が思い出される
f:id:Regulus0821:20171010221322j:plain
野菜がたっぷり スープスパゲティ
f:id:Regulus0821:20171010221339j:plain
小蓮華山と星空をつなぐ 天の川


10月9日
朝、雪倉岳の上空を飾る淡い月。雷鳥坂の登り口では、御来光を拝もうと10数人の影。一段と真っ赤に染まる東の空の左側には、戸隠山妙高山火打山、焼山。特徴ある北信の峰々もその瞬間を待ちます。日の出とともにオレンジ色に染まる山稜。小蓮華山や栂海新道を歩く登山者の笑顔も見えそうな夜明けです。今日も素敵な一日になりそう。
昨夜の幕営数は100張程度。朝日岳周回や白馬岳に向かう人はすでに出発をされており、今はテント場に漂うのんびり感が目に見えそうです。
朝食後の珈琲タイム。白馬岳を越えて栂池に向かう登山者が小さく見えます。我々もそろそろ重い腰を上げなければなりません。
昨日よりも風を感じますが、暖かい陽射しを受けるとそれも心地よいものに感じます。ひと晩お世話になった白馬大池にお礼を述べ、小蓮華山に再会を誓います。次回は真っ白か、それとも今頃か…。
山行。それぞれが大切にするポイントがあるように、我々には帰り道も重要なポイント。「登頂の目的は達した、天気はサイコー!あとは下って温泉!!」ではなく、周囲の景色を楽しみながら下ります。「点」ではなく「線」を大切にしたい。そして、そのゆとりが我が家の安全登山の鉄則です。
昨日と陽の当たりが違うだけで、山はその表情を変え、また、一日で色付きが進んだように見えます。この時期、登山口と標高差のある北アでは、どこかのゾーンで紅葉と巡り合えますが、あと一月もすれば、簡単に立ち入ることの出来ない世界へ様変わり。今だけの山行を3週続けて出来たことに感謝の気持ちで一杯です。
今年30回目の山行。そろそろホームも解禁が近付いてきましたね(^^)v
下山後はまだまだ旬の秋の味覚でいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20171010221407j:plain
白馬大池はまだ眠っています
f:id:Regulus0821:20171010221426j:plain
夜明け前…音が止まる時間帯…
f:id:Regulus0821:20171011204312j:plain
白馬乗鞍岳のケルンが戸隠山と背比べ
f:id:Regulus0821:20171011204502j:plain
今回は ゆっくりと御来光を拝めました
f:id:Regulus0821:20171010221516j:plain
栂海新道も動き始めます
f:id:Regulus0821:20171010221538j:plain
朝のマジックアワー
f:id:Regulus0821:20171010221556j:plain
ケルンにも朝の光が灯ります
f:id:Regulus0821:20171010221613j:plain
朝の紅葉は 紅色2割増し
f:id:Regulus0821:20171010221627j:plain
朝日小屋に陽が射すのは あと少し先
f:id:Regulus0821:20171010221644j:plain
五輪尾根…登りますか?下りますか?
f:id:Regulus0821:20171010221703j:plain
テントから眺める 秋の朝
f:id:Regulus0821:20171010221730j:plain
朝から楽しめる いつもの時間…(笑)
f:id:Regulus0821:20171010221751j:plain
刻一刻と表情を変える 白馬大池
f:id:Regulus0821:20171010221806j:plain
また来る日まで…(^^)/
f:id:Regulus0821:20171010221844j:plain
時間帯によって変わる 山の秋
f:id:Regulus0821:20171010222009j:plain
雪倉岳とも そろそろお別れです
f:id:Regulus0821:20171011204901j:plain
小蓮華山のスカイラインも素敵です
f:id:Regulus0821:20171011204948j:plain
紅葉の谷へ ダイビング
f:id:Regulus0821:20171011205227j:plain
一気に景色が広がる「天狗の庭」
f:id:Regulus0821:20171010222026j:plain
紅葉のトンネルを抜けると…
f:id:Regulus0821:20171010222046j:plain
そこは 紅葉パラダイス (^^)
f:id:Regulus0821:20171011205314j:plain
有名処だけが 山の秋ではありません
f:id:Regulus0821:20171011205525j:plain
優しさに包まれそうな 葉の光
f:id:Regulus0821:20171011205645j:plain
懐かしさを感じる 秘湯の湯
f:id:Regulus0821:20171011205727j:plain
安曇野だけど 小布施のお店でいつもの…(笑)

紅葉と池をめぐる…御嶽山

10月1日 長野県御嶽山(開田山頂)
ナナカマドやダケカンバにウラシマツツジ…が見事に山肌を染める御嶽山。3年経って訪ねることが出来ました。

毎年、あの日の出来事と結びつくのは登っていた「常念岳の紅葉」。赤や黄のグラデーションが朝焼けに照らされる中、東に向かって長くたなびいていた噴煙。雑誌で見た記事が印象的でいつか登ろうと思っていた矢先の出来事です。
今回は黒沢口から入山し、女人堂~三ノ池~二ノ池の周回ルート。通行可能になった三ノ池ルートを利用して、池と紅葉を巡ります。
このルート、御岳ロープウェイを利用して7合目まで入れますが、運行開始が7時30分と遅いため、6合目の中ノ湯を夜明け前に出発しました。しばらくは綺麗に整備された木階段の樹林帯を登ります。7合目行場山荘から色付きが見え始め、次第に登山道の脇を繋げていきます。日本列島を紅葉前線が南に下るかの如く、標高を一歩一歩上げるにつれて秋が深まります。背後に中央アルプスを望むことが出来れば、ラーメンの幟が出迎える8合目の女人堂に到着(^^)
ここで一気に視界が開けます。北ア、八ヶ岳、中央アに南アの甲斐駒。しかし、その大展望も眼前に広がる錦秋の絵巻物の脇役でしかありません。全山燃え上がる紅葉とは違い、頂きを目指して競うようにハイマツを駆け上がる一条の錦帯。それは荒涼とした山稜直下で大輪の花を咲かせます。広大な山頂部を持つ御嶽山の山容は嫋やかに見えますが、間近で見上げると穂高にも負けない険しい岩峰が続きます。
三ノ池ルートは中腹をトラバース気味に登山道が整備され、素晴らしい眺望と引き換えに桟道や徒渉、落石等リスクを伴うため、通行には注意が必要です。御嶽山は剣ヶ峰の他に王滝頂上、飛騨頂上、そして、このルートの到達点、三ノ池の畔にある開田頂上。しかし、頂上とは名ばかりで鞍部の印象が強いですね。
三ノ池畔から三ノ池乗越へ登るにつれ、藍色の水面は輝きを取り戻し、今年の7月、継子岳からの周回で見た瑠璃色の鏡となり、その池を背に今冬を過ごすべく雷鳥の兄弟が仲良く歩いていました。
乗越に立つと剣ヶ峰が指呼の間のように近付きます。途中、賽の河原を抜けて二ノ池へと向かう訳ですが、荷物とは別に何かを背負う感じがありました。継子岳ではいつの日か剣ヶ峰に立つことがご供養になると思っていましたが、間近で見ると、その考えが揺らぎます。
再建途中の二ノ池本館。そして、火山灰に埋もれた二ノ池。こうして現場に立つと写真から伝わらない現実が胸に迫ります。特に、我々の登山口「田ノ原」を稜線から眺めた時は、言葉に詰まるほど感慨深さがありました。そんな中、今日も大勢の登山者が楽しげに歩き、女人堂までは家族連れの観光客。よくある紅葉シーズンの風景があります。
女人堂への下山道。再び、錦秋の絵巻物が目の前に広がります。ただ、当時と同じ季節、同じ道を辿ると、どうしてもあの日この道を歩いた人々の心境を思わずにおれません。
3年越しで訪ねることが出来た御嶽長野県側ルート。あの日を境に変わってしまった御嶽山。ただ、登ってみて、これが次の御嶽山の始まりだと思っています。
下山後は、秋の銘菓でいつもの…

f:id:Regulus0821:20171002221412j:plain
朝 霞がかった山の連なりを見るが好き
f:id:Regulus0821:20171002215246j:plain
何度も足を止めてしまいます
f:id:Regulus0821:20171002215316j:plain
長野県側ルートらしい 御嶽山の眺め
f:id:Regulus0821:20171002221725j:plain
これぞ山の秋でしょう
f:id:Regulus0821:20171002221843j:plain
中央アルプスを彷彿させる この光景
f:id:Regulus0821:20171002215341j:plain
八ケ岳の稜線が 遠くに浮かびます
f:id:Regulus0821:20171002215400j:plain
日本の秋は 素晴らしい…
f:id:Regulus0821:20171002215717j:plain
ざわめきが聞こえてきそうな 秋の谷間
f:id:Regulus0821:20171002221945j:plain
岩峰を秋が駆け下ります
f:id:Regulus0821:20171002215800j:plain
三ノ池ルートの前半は 紅葉パノラマルート
f:id:Regulus0821:20171002222037j:plain
尾根沿いにハイマツ 谷筋に紅葉 キャンパスは白き岩
f:id:Regulus0821:20171002222306j:plain
中腹以降は 黄色のダケカンバが目立ちます
f:id:Regulus0821:20171015103753j:plain
沢筋は すでに凍り始めています
f:id:Regulus0821:20171002215821j:plain
天空の回廊…紅葉を眼下に
f:id:Regulus0821:20171002222446j:plain
7月は向こうの稜線を歩いていました
f:id:Regulus0821:20171002222524j:plain
無事に冬を越してほしい…
f:id:Regulus0821:20171002222609j:plain
こちらはまだ母鳥と共に行動していました
f:id:Regulus0821:20171002215849j:plain
継子岳…四ノ池を周回するルートが一望
f:id:Regulus0821:20171002215903j:plain
剣ヶ峰…まだ距離以上の遠さを感じます
f:id:Regulus0821:20171002222708j:plain
宝石のような水面…三ノ池
f:id:Regulus0821:20171002223539j:plain
陰を感じてしまうのは名前?…賽の河原
f:id:Regulus0821:20171002215922j:plain
賽の河原越しに 摩利支天を望みます
f:id:Regulus0821:20171002222844j:plain
草紅葉が頂上大地を彩ります
f:id:Regulus0821:20171002222937j:plain
これが二ノ池の現実…涙が出そうになる…
f:id:Regulus0821:20171002220011j:plain
二ノ池と新しく出来た池(右)…奥は再建中の山小屋
f:id:Regulus0821:20171002220031j:plain
頂上山荘…ここにも懸命に作業される方が…
f:id:Regulus0821:20171002220045j:plain
8合目の女人堂まで この景色がお供してくれます
f:id:Regulus0821:20171002223022j:plain
フレームにどの景色を切り取るかは 自分次第
f:id:Regulus0821:20171002223100j:plain
御嶽山だからこその景色が 数々ありました
f:id:Regulus0821:20171002223145j:plain
このトンネルを抜ければ 女人堂へ到着
f:id:Regulus0821:20171002220107j:plain
最後に振り返る 秋の御嶽山
f:id:Regulus0821:20171002220129j:plain
秋と言えば これですよねぇ









静かな秋の訪れ…屏風ノ耳

9月24~25日
錦秋を彩ることで有名な涸沢圏谷。しかし、そこに僕の居場所はありません。見頃には少し早いですが、7年振りに僕の居場所を訪ねました。

9月24日
秋晴れを予感させる朝。まだ暗い沢渡BTの始発便はほぼ満席。紅葉シーズンの人気の高さが窺い知れます。大正池越しに暁の穂高連峰が見えると上高地に帰ってきたと思えます。そして思うのは、「若かりし頃」。40年近く前に初めて訪れてから、上高地穂高、そして「憧れ」…と思っている間に上高地BTに到着。今回は徳沢で幕営し、屏風ノ耳までパノラマコースを往復する行程。
まずは徳沢まで通い慣れた道を歩き出します。日曜の今日、向かう人より戻ってくる人の方が多い中、寛いだ空間が広がる徳沢に到着しました。
パノラマコースは涸沢と新村橋を結ぶルートですが、屏風のコルから涸沢側は木の根道に鎖、ザレ場のトラバース等、名前から受ける印象よりも危険を伴うルートです。また、今回初めて通った新村橋側は、奥又白池分岐から始まる急登に足の置き場に困る露出岩など、アスレチックなルートでした。
穂高北尾根を仰ぎ見ながら標高を上げ、梓川沿いに小さく見える徳沢園の赤い屋根を見下ろします。草紅葉の中、ジグザグに登ればコルに到着。木々の合間に北穂高岳が見え隠れしています。
ここから屏風ノ耳までが核心部でしょう。疲れた身体を奮い立たせ一気に登り詰めると、背後に槍穂高連峰の大パノラマが屏風のように聳え立っています。涸沢圏谷を彩る草紅葉。ナナカマドやダケカンバの紅葉はまだまだですが、秋色を従えた岩稜は冠雪を間近に控えた寂寥感があります。賽の河原と呼ばれる大きな岩の平坦地の分岐まで登ると、思いも寄らぬ紅葉が出迎えてくれました。赤や黄色やオレンジの葉がハイマツの緑と秋空に映えます。
涸沢から眺めて右耳に三角点があり、数人が休憩できる空間もあります。そこから真正面に眺める涸沢に穂高岳。そして、槍ヶ岳へと続く天空の街道。背後には梓川を境にして、常念山脈の峰々。
一気に涸沢へと高度を下げる屏風ノ耳からの展望は広がりと奥行きに加え、高度感を楽しめる特等席。
夏の終わりを思わせる陽射しに秋風を感じながら、いつまでも眺めていたいと思える場所でした。
夕方、徳沢に戻り、秋の帳を感じながらのテントライフ。日中、汗ばむ陽気は日暮れとともにフリースを羽織らなければならないほどに冷え込んできます。そして、満天の星が煌めく徳沢天国の夜は、静かに更けていきました。

f:id:Regulus0821:20170927064542j:plain
空は秋 気温は初夏…^^;
f:id:Regulus0821:20170927064644j:plain
新村橋を渡る人は まだ少ない
f:id:Regulus0821:20170927064725j:plain
氷壁」の舞台 奥又白池分岐
f:id:Regulus0821:20170927064950j:plain
稜線には 北尾根を登るクライマーの姿
f:id:Regulus0821:20170927064915j:plain
春 白い花を咲かせたユキザサも…
f:id:Regulus0821:20170927065130j:plain
サラシナショウマが涼しげに揺れています
f:id:Regulus0821:20170927074942j:plain
ようやくコルから耳への稜線が見えました
f:id:Regulus0821:20170927065344j:plain
穂高東壁のスカイライン
f:id:Regulus0821:20170927065729j:plain
強い陽射しが森を白く染めます
f:id:Regulus0821:20170927065801j:plain
森林限界を越えれば そこは「パノラマルート」
f:id:Regulus0821:20170927065845j:plain
手が届きそうな 槍ヶ岳 (^^)
f:id:Regulus0821:20170927073937j:plain
僕の居場所は ここにある
f:id:Regulus0821:20170927083530j:plain
思いも寄らぬ 紅葉ロードの始まり
f:id:Regulus0821:20170927073143j:plain
ハイマツが無ければ 山の紅葉は味気ないと思う
f:id:Regulus0821:20170927070435j:plain
涸沢紅葉シリーズその1…北穂高岳
f:id:Regulus0821:20170927070503j:plain
涸沢紅葉シリーズその2…涸沢岳
f:id:Regulus0821:20170927070525j:plain
涸沢紅葉シリーズその3…奥穂高岳
f:id:Regulus0821:20170927070544j:plain
最後にみんな揃って…ハイ チーズ
f:id:Regulus0821:20170927073734j:plain
常念岳の紅葉を見たのは 今から3年前のあの日
f:id:Regulus0821:20170927070744j:plain
屏風ノ(右)耳へ 最後の登り
f:id:Regulus0821:20170927070817j:plain
涸沢のテントサイトも色鮮やかですね
f:id:Regulus0821:20170927070904j:plain
歩いていると普通の登山道…ザイテングラートへのトラバース
f:id:Regulus0821:20170927070936j:plain
南岳 獅子鼻岩は大キレットの門番
f:id:Regulus0821:20170927070956j:plain
貸切の涸沢展望地
f:id:Regulus0821:20170927074004j:plain
微妙に秋の装いをした「槍ヶ岳」(^^)
f:id:Regulus0821:20170927071118j:plain
少し触ればこの通り…(補正値+0.7)
f:id:Regulus0821:20170927074103j:plain
徳沢と言えば このツーショットでしょう(笑)
f:id:Regulus0821:20170927071311j:plain
つくね鍋で 身体も心もほっかほか
f:id:Regulus0821:20170927071408j:plain
梓川畔から「天の川」
f:id:Regulus0821:20170927071434j:plain
静かに時間が流れる 平日の徳沢

9月25日
朝、浅黒い岩峰の前穂高岳がゆっくりとオレンジ色に染まりだします。やがて輝きは最高潮を迎え、そのオレンジの帯は前穂高北尾根から昨日登った屏風岩へと下り始めます。時間とともに岩稜はそのものが光を放つような輝きになり、空は透き通った青空へと落ち着き始めます。徳沢天国で迎える朝の定期演奏会。今回も見事なハーモニーを聴かせてもらえました。
朝ご飯の支度を始めると、徐々に朝陽が木々を照らし始め、緑の草原に木洩れ日が揺れます。いつもの景色をいつもの気持ちで楽しめる。徳沢テントライフは僕にとって、とても大事にしたい時間と空間。涸沢や蝶ヶ岳のような派手さはないけれど、これから山に向かう人を見送りながら、慌てることのない時間を過ごす「徳沢天国」。
足取り軽く徳沢を後にし、鏡のように穂高連峰を映し出す大正池を車窓から眺めれば、上高地ともしばしのお別れ。次回は歩いてここまでやってくるのかと思いながら、バスは釜トンネルに入りました。
下山後は、名物「山賊焼き」にいつもの山友といつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20170927071509j:plain
静かなテントサイトの頭上ではモルゲンロート
f:id:Regulus0821:20170927071539j:plain
オレンジ色に染まる岩峰は 前穂高岳
f:id:Regulus0821:20170927071601j:plain
やがて 屏風岩にも オレンジの帯が当たる
f:id:Regulus0821:20170927071622j:plain
時間と共に変化する様は グラデーション
f:id:Regulus0821:20170927071823j:plain
この時間が 徳沢天国の朝
f:id:Regulus0821:20170927075118j:plain
陽が届き始める 時間帯が一番好き
f:id:Regulus0821:20170927071910j:plain
徳沢園から望めば 六百山が見守ります
f:id:Regulus0821:20170927074324j:plain
帰り仕度も 慌てずに…
f:id:Regulus0821:20170927072009j:plain
いつもの場所で お別れを告げます
f:id:Regulus0821:20170927072022j:plain
GW ネコヤナギが迎えてくれる 梓川
f:id:Regulus0821:20170927074240j:plain
屏風のコル…一度歩くと景色が浮かびます
f:id:Regulus0821:20170927072130j:plain
これから更に染まる 屏風岩の紅葉
f:id:Regulus0821:20170927074347j:plain
上高地への道は 楽しい思い出を語る時間
f:id:Regulus0821:20170927072218j:plain
秋の飾りつけ…明神岳
f:id:Regulus0821:20170927074402j:plain
岳沢の紅葉も 進んできているようです
f:id:Regulus0821:20170927072306j:plain
右岸から眺めれば 半端ない明神岳の迫力
f:id:Regulus0821:20170927075151j:plain
季節を問わず やっぱり焼岳は男前
f:id:Regulus0821:20170927072351j:plain
次回は 雪化粧を纏っているのでしょうか?
f:id:Regulus0821:20170927072408j:plain
大好物「山賊焼き」…一人前です(笑)
f:id:Regulus0821:20170927072423j:plain
いつものも 秋の便り…

最後に今年も9月27日を迎えました。今日は山で犠牲になった全ての方々のご冥福をお祈りしたいと思います