Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

2023年初登りは 関西バンビー3

1月1日 長野県車山 諏訪大社で初詣のあと、青空の広がる駐車場に向かいます。2022年1月、急遽予定を変更して向かった車山。今回は準備万端で2023年の登り始め。 昨年は積雪が多く、「車山肩」の駐車スペースが限られていたため、富士見台Pからスノーシューを履いて向…

2022年 登り納めは 雪のおらが山

12月30日 三重県尼ヶ岳 住宅地からの下り坂で観望天気をしながら、4年振りの登り納めをする駐車場へ向かいます。最も登っている山が伊賀富士「尼ヶ岳」。通称「おらが山」。登る理由を考えてみれば、自宅から30分のアクセス。往復2時間弱の周回ルート。山頂から眺め…

地元の山で 冬トレーニング

12月16日 三重県大洞山 平日の静かな朝、急坂の集落を抜けて駐車場に向かいます。住宅地を下る道から見えるのは、おらが山と呼ぶ伊賀富士「尼ヶ岳」。そのすぐ右隣に頂を覗かせるのが「大洞山」。尼ヶ岳とともに室生火山群に属する死火山。雄岳(1,013m)と…

秋のテントライフは バンビー3

11月11~12日 滋賀県イブネ 朝の通勤渋滞を抜け、待ち合わせ場所に向かいます。11月11日 京都、安曇野在住の山友お二方と私達で作る「バンビー4」。私達だけだと「バンビーズ」、京都の方と出かける場合は「関西バンビー3」、安曇野の方だと単に「バンビー3」がマイルール。…

アートなハイキング 最終章

10月29日 奈良県洞川温泉 アートなハイクを完結すべく、3年振りになる修験道の麓へ向かいます。「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」。奈良県南・東部に位置する奥大和の3つのエリアで開催され、残るは天川エリア。このエリアのテーマは「水」。修験道の祖・役行者が開いた…

アートなハイキング Part.2

10月23日 奈良県吉野 天気に誘われて、春には定番の駐車場へと向かいます。先日2年振りに参加した「MIND TRAIL奥大和 心のなかの美術館」。自然と芸術の体験をコンセプトにした祭典は、奈良県南・東部に位置する奥大和の3つのエリアで開催され、これまでは曾爾エリアの…

アートなハイキング… 関西バンビー3

10月15日 奈良県曽爾村 約4ヶ月振りの関西バンビー3で芸術祭の駐車場へと向かいます。2020年から始まった「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」。奈良県南・東部に位置する奥大和をそれぞれのコンセプトで3つのエリアにわけ、様々な分野のアーティストがその地域に溶け込…

秋の足音を聞きに 南アルプス

10月1~2日 長野県 仙丈ヶ岳 SNSの情報に駐車場問題を心配しながら向かいます。 10月1日 週末は快晴予報となり、これまでの情報から混雑することは予想していました。仙丈ヶ岳の登山口「北沢峠」へは、山麓「仙流荘前」から伊那市が運行する南アルプス林道バスで…

夏の終わりに 北八の森

9月5日 長野県 ニュウ 遠く雲上に浮かぶ峰々を眺めながら、2,000mを超える駐車場を目指します。予定していた夏山山行はすべて天候に阻まれ、今回、爺ケ岳へのテント山行を計画するも台風の影響で予定を組めず、北八の森山行としました。天候の読める日までは、…

2022 夏山行を前に おらが山

7月18日 三重県尼ヶ岳 駐車場へはいつもの道をいつものように向かいます。3連休。天候不順につき、仙丈ヶ岳と先輩へのご挨拶は無期限の順延。しかし、その界隈の山レポを見ると恐ろしいほどの混雑で、行かなくって良かったという結果論。 と言うことで、3連休…

関西バンビー3の山散歩

6月26日 奈良県日出ヶ岳(大台ヶ原) 雨が上がることを信じて、雲が湧きたつドライブウェイを駐車場に向かいます。4月以来の関西バンビー3。集まる回数は徐々に増えてきました。当初は前日の午後に向かう予定でしたが、大気が不安定で雷予報も発令されていたため、…

梅雨の定番「お散歩稜線」

6月17日 奈良県大峯奥駈道 1486P 梅雨の晴れ間と平日休暇が重なり、定番ルートの駐車地へと向かいます。梅雨を迎えると一気に山域が限られるバンビーズ。ホームは蛭休み。比良の沢沿いルートは安全確保で遠慮気味。さすがに八ヶ岳方面は日帰りでは厳しく、大峰・台高方…

空いた時間で おらが山

6月2日 三重県尼ヶ岳 通勤の車とすれ違いながら、いつもの駐車場に向かいます。前日に予定が延期となり、急遽空いた平日の午前中。GW以来山に入っておらず、ここはお決まりのおらが山「尼ヶ岳」にトレーニング登山。ただし、今日はカメラ片手にのんびりとした気分で…

名峰's とともに…GWテントライフ

5月3~5日 長野県遠見尾根 前夜の予期せぬ事態に多少の不安を残しつつ、まだ桜の咲く道を駐車場に向かいます。5月3日 以前から温めていた計画。雪の遠見尾根テントライフ。山行的には1泊2日で充分なところ、せっかくの白馬エリアで過ごすからには2泊はしたく、また、…

関西バンビー3の春 フラワーロードを登る

4月23日 滋賀県寒風 9年振りに雪のない駐車場へと向かいます。「寒風(さむかぜ)」。聞くからにして寒そうな場所は、滋賀県高島市にある全長80kmに及ぶ「中央分水嶺・高島トレイル」の序盤、マキノの山に属する標高840mの頂。山頂とは言え、トレイル上にある「赤坂山」…

新緑に向けて…なごり桜

4月16日 奈良県吉野山(青根ヶ峰)時折、雨雲が通過する下、登山としては5年半ぶりの駐車場に向かいます。吉野と言えば、桜。「一目千本」と言われる桜は、山麓の下千本から始まり、中千本、上千本へと続きます。そして、最後を飾るのが奥千本。14日に満開を…

ホームに届く 春の足音

3月29日 三重県草木 今日を逃せば1年先になるため、普段であれば登らない空模様の下、駐車場に向かいます。昨年末から2月中旬までは毎週登っていたものの、その後は、天気と休みが合わず、3月最終週を迎えました。「草木」とは、ホーム鈴鹿の北部「藤原岳」から…

計画変更…ホーム 雪の峠まで

2月18日 三重県根の平峠 渋滞に巻き込まれ、急遽予定を変更し、先月と同じ駐車場に向かいます。当初の予定はホームで残る冬期ルート「藤原岳天狗岩」。しかし、前日から続く寒波の影響で、国道は延々と続く大渋滞。出発時刻を過ぎても、まだ、40㎞ほど手前を亀の歩…

冬恒例 ホームのメインストリート「本谷」

2月12日 三重県御在所岳 好天の週末、満車を避けるため、日の出前の駐車場に向かいます。ここ数年、毎年のように訪ねる御在所岳本谷ルート。今では地図にも紹介され、バリエーションルート入門編として訪ねる登山者も増えてきたように思えます。それでも、一般的な中道や…

バンビー3で アイスシアターへ…

2月4日 奈良県シェイクスピア氷柱群 昨秋以来のバンビー3で、規制道路へと向かいます。5年前、山友から尋ねられたシェイクスピア氷柱群。山行レポ等でその場所は知っていましたが、紹介される写真や文字だけの知識。せめて雰囲気だけでも確かめようと、4年前の3月に現地へ向…

ちょっと一息…伊賀の高尾山

1月29日 三重県霊山 走り慣れた道から山頂を望み、駐車場を目指します。日本に限らず、世界一登山者が多いと言われている高尾山。規模は全く違いますが、伊賀の山域で最も登られている山が「霊山」…と言う僕のイメージ。 三重県中部を南北に連なる布引山地の北…

ルートミス…ノートレースのホーム

1月22日 三重県庵座谷 ホームの峰々が赤く染まる様子を見ながら、駐車場に向かいます。庵座谷。鈴鹿7の1座「釈迦ヶ岳」の破線ルート。私達にとっては、ホーム鈴鹿の冬季5ルートのひとつ。今冬は降雪が多く、山レポを見ても、このルートを利用している方は見かけず、ノートレースに…

旅の途中で スノーシューハイク

1月15日 長野県車山 停めるところと登るところを求めて、氷上の道を駐車場に向かいます。今日はバディの誕生日。女神湖畔に宿をとり、日中はスノーシューハイクを計画。目指すは5年前の同時期にトレースを引いた八子ヶ峰。登山口はすずらん峠園地。ところが、近付くにつれ…

2022年初登りは「 雪の遠足」

1月5日 三重県竜ヶ岳 雲のない稜線に期待を膨らませながら、駐車場に向かいます。至るところで、未だ、年末寒波の影響が見受けられ、駐車場に向かう国道も除雪された雪によって道幅が狭くなり、対向車に注意が必要でした。初登りは、藤原岳と竜ヶ岳のどちら…

2021年 雪のホームで登り納め

12月28日 三重県入道ヶ岳 記録的な積雪により、今回も駐車場への道が核心部と思われます。2021年 雪を踏んで終えようとホームを計画しますが、週末から続く寒波と28日の予報に行先が定まりません。概ね、ホームの冬ルートは5山。御在所岳本谷はエスケープがない。釈迦ヶ岳…

2021年…ラストテントライフ

12月10~11日 奈良県釈迦ヶ岳 落石が散らばる核心部の林道を抜けて登山口の駐車場に向かいます。12月10日 2021年も残り3週間となり、今年最後のテント泊山行。関西のテント場としてはホームになった大峰山脈弥山は、今日から国道が冬季通行止めとなり、大峯奥駈道で繋…

冬山に向けて…山散歩

12月4日 三重県入道ヶ岳(北の頭) 紅葉が彩る山麓の谷を抜けて、先にある駐車場に向かいます。鈴鹿セブンマウンテンのひとつ「入道ヶ岳」。七山の中で最も南に位置し、標高は唯一1,000mに届かず906m。しかし、標高の低さはCTが短いことになり、最も身近に感じる山…

ホームの奥座敷…テントライフ

11月12~13日 滋賀県イブネ 雨の上がりと共に予定を遅らせて、青空が見え始めた駐車場に向かいます。11月12日 先週、訪ねたブナ清水。そのルート上から頂上台地の山容が良く見えていました。ホームにて、北の御池岳と共にテーブルランドと言われる「イブネ」。私達の住む県側…

秋が奏でるホーム...周回とその向こう側

11月6日 三重県ブナ清水 賑わいを見せるホームの峰々、その駐車場のひとつに向かいます。毎年、GW頃からホームは蛭休み。そして、再開する頃に迎える行楽シーズンの人混みを避け、気付けばホームの紅葉は山麓辺りまで下りています。今年の5月、久しぶりに訪ねたブナ清水ルー…

秋の周回と木枯らし1号

10月23日 奈良県薊岳 近づくにつれて雲が多くなるのはいつものことと思いながら、駐車場に向かいます。僕が精霊の森と呼ぶ明神平。凍てついた冬、ミルキーウェイに閉ざされている森は、人を寄せ付けない世界。この明神平へは四郷川に沿って向かうのが一般的なルート。…