読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

今冬もやっぱり御在所岳…ルート本谷

2月26日 三重県御在所岳
雪が豊富な今年の鈴鹿。2月に入り、藤原岳天狗岩、竜ヶ岳遠足尾根とスノーシューを楽しめるルートを歩いてきました。しかし、ここを歩かないとどうも落ち着かない主峰御在所岳「本谷~中道」周回ルート。今冬も訪ねることが出来ました。

先月の大雪で本谷上部は一時胸まで積雪があり、雪崩の危険性もあるため、様子を窺っていました。麓を通るたびに眺めていましたが、雪の多さは一目瞭然。落ち着いてきたとは言え、期待と気合十分で登山口を出発しました
昨年はノーアイゼンで登った本谷も、今年は登山口から雪。堰堤広場でアイゼンを装着して出発。しばらくは踏み抜きに注意をしながら、徒渉や岩登りが続きます。時々、スノーブリッジがあるため、横から覗くように確認したり…。最近はこのルートも一般化しつつあり、明確なトレースはありました。
いくつもの名も無き滝を通り過ごし、ひとつめの大滝「不動滝」に到着。高さはさほどなくとも、この滝の発する神秘的なオーラは僕を魅了し、鈴鹿の中で最も好きな滝です。
いつもと微妙に違うトレースを進みながら最初の二股へ。なんとここでデブリに遭遇。鈴鹿では初めての光景でしたが、傾斜地に一気に雪が積もるとどこでも発生するんだと、改めて思いました。
真っ赤なロープウェイが青空を横切る光景が近付くと大黒滝。小さな「氷の作品」群に目を楽しむことが出来ます。本谷ルートは二股があれば右へ進めば良い(1ヶ所は左股)のですが、この大黒滝を巻くルートは見過ごしやすいので注意が必要ですね。
いつもは藪漕ぎ風で支尾根を登るルートも、水路のような滑滝が雪に埋もれた谷を直登し、核心部の門番「ジョーズ岩(通称)」のお出迎え。門番も雪に埋もれ、初めて手を使わずに通過できました。
麓から見上げる一筋のラインがメインストリート。今はロープウェイの白い鉄塔越しに麓の町を眺めます。遠く白銀の山稜は霞んで見えませんが、今日は伊勢湾越しに知多半島の海岸線がはっきりと見えました。
一歩一歩の歩みが、そのまま高度を上げる気がします。大黒岩下部を通り過ごし、ロープウェイ「山上公園駅」直下が本谷の終了点。いつもは左側の斜面を登りますが、今日はそのまま直登し、大黒岩へ続く稜線へ。そして、そのまま樹々の間を抜けて、レストハウスが建つ山上公園に到着。御在所岳山頂はもう少し先ですが、最近、我々のピークはこのレストハウス(笑)
鈴鹿の槍「鎌ヶ岳」を眺めながら昼食を摂り、奇岩の続く中道ルートで下山。途中、竜ヶ岳や藤原岳など鈴鹿北部の山々を眺めていると「本当に素晴らしいホームだなぁ~」と惚れ直しました。
下山後は最近ちょっとお気に入りのお店でいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20170227173805j:plain
麓から眺める 御在所岳とメインストリート
f:id:Regulus0821:20170227173842j:plain
しばらくは こんな感じで進みます
f:id:Regulus0821:20170227173911j:plain
本谷は この流れの源流を 探る山行
f:id:Regulus0821:20170227173939j:plain
雪深く 近くに立ち寄れなかった不動滝
f:id:Regulus0821:20170227174004j:plain
不動滝巻き道上部の 一本トラバース(笑)
f:id:Regulus0821:20170227231419j:plain
この辺りまで登ると 雪は落ち着いてきました
f:id:Regulus0821:20170227174109j:plain
左側の谷から流れ出たんですね…中央の岩にある矢印は左を指していますが、普段は右の林を進みます
f:id:Regulus0821:20170227174258j:plain
陽が当たり 大黒滝は輝いていました
f:id:Regulus0821:20170227174138j:plain
自然は不思議な造形作家です
f:id:Regulus0821:20170227174231j:plain
ここは 時間の流れが 止まったようです
f:id:Regulus0821:20170227174328j:plain
大黒滝の巻き道は ちょっと力技で…(笑)
f:id:Regulus0821:20170227174357j:plain
大黒滝の上部…普段は右の林を登りますが 今日は初めて左ルート
f:id:Regulus0821:20170227174450j:plain
先日のアイスクライミングの成果が試されます(^^)
f:id:Regulus0821:20170227174517j:plain
門番に出会うと 本谷も終盤へ
f:id:Regulus0821:20170227174609j:plain
さぁ メインストリートへ行きますか!
f:id:Regulus0821:20170227174635j:plain
見上げると この景色…
f:id:Regulus0821:20170227174711j:plain
振り返ると この展望
f:id:Regulus0821:20170227174745j:plain
林が近付くと 終了点になります
f:id:Regulus0821:20170227174811j:plain
いつもより高い位置から 振り返ります
f:id:Regulus0821:20170227174849j:plain
鈴鹿の槍「鎌ヶ岳」と海岸線
f:id:Regulus0821:20170227174916j:plain
春待ち遠しい 新芽かな
f:id:Regulus0821:20170227205138j:plain
藤原岳、竜ヶ岳、釈迦ヶ岳.‥LOVE SUZUKA
f:id:Regulus0821:20170227175103j:plain
中道は 見るだけでなく 岩にも触れます
f:id:Regulus0821:20170227175132j:plain
今年も登ったなぁと 振り返る場所
f:id:Regulus0821:20170227175209j:plain
2つが定番となりつつある いつもの…(笑)