読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

バリエーションルート (?_?) で おらが山

3月4日 三重県尼ヶ岳
12月中旬から続いた雪山。来週に控えたロング&ライト山行を前に、おらが山で最終調整。いつものルートを2周しようかと思いつつ、たまには、別ルートで行ってみようと登山口に向かったところ駐車地へ辿り着けず、「とにかく ここから」と地図アプリと睨めっこしながら出発しました^^;
檜林に入ると更に道は不明瞭。とりあえずは、U字溝に沿って進みました。些か不安な気持ちは拭えませんが、こんな時こそ冷静な行動と判断が必要であり、アプリで現在地と進行方向を確認しながら前進を続けます。後半は道なき道を慎重に選び、何とか林道に合流。いつも思いますが、岩稜帯のアルプスよりも、ある意味危険な近場の山の出来事です。
その後も慎重なルーファイは続き、やがていつものルートに合流をして、やっと一安心するのも束の間、尼ヶ岳名物「天にも続く階段」が始まりました ^^; 表道(僕の通称)より段数は格段に少ないのですが、本日の目的「心肺機能トレーニング」は達成することが出来ました。天使の囁きが聴こえそうな最後の階段を終えると、芝生広場の山頂に到着。前回は霞んで何も見えなかった展望も、今日は台高から松阪方面まで、ぐるり180度を超えていました。また、遠く鈴鹿の稜線が白く輝いて見えたのが、今日一番の嬉しい出来事です♪。
この尼ヶ岳、不思議なことにいつもどこかで1組の登山者とお会いするんですねぇ。そして今日は山頂で、トレランファミリーとご挨拶 (^^)
しばらくは1人で山頂からの展望を楽しみ、初めて歩く下山ルートへと向かいました。次こそは縦走の周回ルートをと思いながら冬枯れの林を激下り、そして階段…(笑) 伊賀富士とも呼ばれる尼ヶ岳はどのルートでも同じ傾斜なんですよね(^^) 1000m弱の山なので、そんな下りも長くは続かず、ほぼ平坦な人工林の山道に変わります。しかし、ここで落ちた枝による「カニばさみ」攻撃。危うく手を着きそうになること数度…。転倒して打ち所が悪く動けなくなった時のことを思うと「近所の山 侮れず」と山の安全十ヶ条(笑)が再び思い出されます。
峠から駐車地へ向かう際もいくつものルートが交差し、ひとつ間違えれば面倒なことになるため、再び、アプリの登場。本当は読図が良いのでしょうが、現実的はこれがベストチョイス。
下山後は、ソロ山行にも関わらず、普段と同じ数のいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20170304185341j:plain
観光名所の倶留尊山を背にして出発!
f:id:Regulus0821:20170304185403j:plain
こんな感じの道を歩くこと15分
f:id:Regulus0821:20170304185425j:plain
東海自然歩道…昭和の響きですね
f:id:Regulus0821:20170304185448j:plain
林業が盛んなのでしょう 至るところで林道に出ます
f:id:Regulus0821:20170304185518j:plain
フィトンチッドが見えそうな 植林地
f:id:Regulus0821:20170304185653j:plain
まずは小手調べの 第1区
f:id:Regulus0821:20170304185718j:plain
最後は間隔と高低がランダムになる 第2区
f:id:Regulus0821:20170304185738j:plain
天使が見える 第3区
f:id:Regulus0821:20170304185821j:plain
山から眺める 我が町は いいもんです
f:id:Regulus0821:20170304190045j:plain
柱状節理で有名な「倶留尊山」
f:id:Regulus0821:20170304185856j:plain
霧氷で有名な「関西のマッターホルン 高見山
f:id:Regulus0821:20170304190333j:plain
風力発電で有名な「関西の軽井沢 青山高原
f:id:Regulus0821:20170304190432j:plain
伊勢湾の海岸線が微かに望めます
f:id:Regulus0821:20170304190454j:plain
この世界を独り占め…「LOVE おらが山」
f:id:Regulus0821:20170304190602j:plain
山頂に雪はありませんが…
f:id:Regulus0821:20170304190623j:plain
初めてのルートから 山頂を振り返ります
f:id:Regulus0821:20170304190653j:plain
大洞山の左肩には 奈良の娘と登った「三峰山」
f:id:Regulus0821:20170304190718j:plain
意外に危なかった平坦な道
f:id:Regulus0821:20170304190744j:plain
里では春の足音が 大きくなってきましたね
f:id:Regulus0821:20170304190804j:plain
冷たいのが 美味しい季節になってきました