Satの 山と一期一会

春夏秋冬。山との出逢いはいつも一度限り。

ちょっと一息…伊賀の高尾山

1月29日 三重県霊山
走り慣れた道から山頂を望み、駐車場を目指します。

日本に限らず、世界一登山者が多いと言われている高尾山。規模は全く違いますが、伊賀の山域で最も登られている山が「霊山」…と言う僕のイメージ。
三重県中部を南北に連なる布引山地の北端に位置する標高765.8mの山。クリンソウが有名なのは知っていましたが、今回初めて登るにあたり、山麓にある霊山寺の桜や紅葉、そして、今日のような雪道など、四季を通じて楽しめる山であることを知りました。おらが山「尼ヶ岳」は布引山地の南部にあり、そこから連なった山稜が、峠を越え、ホーム鈴鹿へと続きます。山の名前の由来となった「霊山寺」は、りっぱな伽藍を山頂に有した巨大寺院で、今は、その遺構を偲ぶだけとなっています。
一般的な登山口は東西に分かれ、今回は、西側の霊山寺ルートから山頂を目指し、東側の田代池ルートを利用した後、源流探索ルートから稜線を縦走する周回コースとしました。
登山口から山頂までは約1時間。標高差は400m。一旦、下った所にある田代池畔で昼食する予定から逆算し、登山口10時出発で自宅は9時出発。のんびりとした計画を立てられるのは、地元の低山ならではのことでしょう。
霊山寺の駐車場を利用し、参拝後、裏手から続く登山道へ入ります。苔むした石仏が無造作に点在し、かつて、ここが参道であったことを私達に伝えています。駐車場から続く別ルートと合流すれば1合目。200m毎に整備されているようで、山頂までは残り1,800m。まずは階段からのスタートです。途中には桜地堂や六地堂、原地堂、たいこ岩など、目安となるポイントもあり、気付けば分岐点となる稜線に到着です。ただし、先日降った雪の影響で、所々に凍結箇所があり、特に合流直下の10数mは注意が必要でした。
稜線の交差点を左折し、山頂を目指します。穏やかな登りの先から聞こえる歓声がやがて大きくなり、急な石段を登れば山頂遺跡に到着です。まず目に付くのが、切通しのように、通路部分だけを切り取られた先にある五輪塔や宝篋印塔等の遺跡。山頂と言うよりも「史跡」。そして、対照的な光景として、歓声の発信源、地域の団体と思われる小学生が、雪合戦などをして楽しんでいました。
石室のある祠を囲うように土塁が築かれ、その上を歩けば、雪だるまが置かれた三角点、霊山登頂です。見慣れた景色を俯瞰できる眺望は「大人のジオラマ」。この景色を折り返し地点として、何度も通われる方の気持ちが判ります。しばらくして団体が下山すれば、ほぼ貸し切りの山頂。お腹も空いてきたため、私達も次の目的地へ移動します。
交差点まで戻り、田代池に向かって200m程標高を下げます。アセビの群生地を抜け、現代の遺跡とも言える野外活動センター跡に人造湖の田代池。その池を望める何かの跡地で昼食タイム。時折射す陽射しに煌めく水面が印象的でした。
車道から源流探索コースを進めば、いくつもの沢から本流へと入る小さな流れ。それらを越えた先に本流の源流地点と思しき場所があり、そこを過ぎれば稜線。次は、交差点まで戻る縦走が始まります。
いくつかのアップダウン…時にはジグザク歩行したくなる急登…を繰り返し、南峰手前でチェーンスパイクを装着。安定感が一気に割増です。南峰の外れから霊山山頂を望め、その右奥には、雪を纏った峰。伊賀地方らしい展望に思えました。交差点直下の核心部、凍結区間もチェーンスパイクのお陰で難なく通過し、あっという間の下山となりました。
800m弱の山とは言え、登り返しをすることで標高差を積み上げ、山頂展望に限らず、史跡や池畔ハイクに源流探索。そして、プチ縦走。変化に富む登山路を楽しめる正しく「低山の王道」。おらが山とは一味違うルートとして今後も歩いてみたいと思いました。
下山後は、ポイント狙いのお店でいつもの…(笑)

f:id:Regulus0821:20220130140537j:plain
歴史がこの山の登山口
f:id:Regulus0821:20220130140556j:plain
伊賀地域らしき 案内板が 山頂まで続きます
f:id:Regulus0821:20220130140616j:plain
境内を抜け 本来の参道へ…
f:id:Regulus0821:20220130140633j:plain
参拝者を見守ってきたのでしょうか
f:id:Regulus0821:20220130140652j:plain
しばらくは 呼吸合わせの 登りが続きます
f:id:Regulus0821:20220130140714j:plain
六合目は…六地堂
f:id:Regulus0821:20220130140734j:plain
何気ない道にも 油断禁物です
f:id:Regulus0821:20220130140755j:plain
核心部でした…凍結階段
f:id:Regulus0821:20220130140939j:plain
山頂は 円形テーブルに守られているようです
f:id:Regulus0821:20220130141358j:plain
静けさを取りもどした 山頂です
f:id:Regulus0821:20220130140905j:plain
今日はゆとりの バンビーズ
f:id:Regulus0821:20220130141502j:plain
春霞には まだ早い
f:id:Regulus0821:20220130141558j:plain
さて お昼ご飯に向けて 出発!
f:id:Regulus0821:20220130141617j:plain
登山道から離れ 青山高原風車群を 望みます
f:id:Regulus0821:20220130141635j:plain
こちらは アセビ群生地…
f:id:Regulus0821:20220130141655j:plain
昭和の遺跡たち
f:id:Regulus0821:20220130141717j:plain
趣が増した 冬の薄曇り…田代池
f:id:Regulus0821:20220130141751j:plain
池畔には モンスターが 潜んでいました
f:id:Regulus0821:20220130141813j:plain
冬枯れの森を照らす 地上の緑
f:id:Regulus0821:20220130141835j:plain
常緑と落葉が交差する稜線歩き
f:id:Regulus0821:20220130141905j:plain
雪嶺は綿向山か…
f:id:Regulus0821:20220130141927j:plain
こちらは ホーム主峰「御在所岳
f:id:Regulus0821:20220130141946j:plain
南峰を過ぎれば アセビのお出迎え
f:id:Regulus0821:20220130142006j:plain
本日の稜線歩き…田代池は この向こう側
f:id:Regulus0821:20220130142026j:plain
火照った身体を冷ます いつもの…